(ワタシ的)プロ野球選手名鑑『ガースーの決断』

所属:読売ジャイアンツ菅野智之投手 背番号:18番 1月8日、緊急事態宣言のさなか、「巨人、菅野が残留」のニュースが飛び込んできました。 元日に渡米し、メジャー球団との最終交渉かと言われている中での決定でした。 投手とし […]

公開日:2021/01/31 66 view

所属:読売ジャイアンツ
菅野智之投手 
背番号:18番

1月8日、緊急事態宣言のさなか、「巨人、菅野が残留」のニュースが飛び込んできました。

元日に渡米し、メジャー球団との最終交渉かと言われている中での決定でした。

投手として巨人を支え続け、2020年はプロ野球新記録の「開幕投手13連勝」を達成。

圧倒的な数字を手にし、まさに今年が文句なしの移籍の機会でした。

菅野選手には今回、メッツやパドレス、レッドソックスなど6球団が獲得を望んでいたそうです。

しかし、コロナ禍とあってメジャーリーグの状況は例年以上に厳しく、普通であれば菅野選手が手にしていたであろうオファーがなかったと言われています。

残留の決め手はいろいろあったことでしょう

ワタシ的には、2年連続日本シリーズの惨敗というのも負けず嫌いの彼にとってはモチベーションとなったはず、と思いたいですが。

最新情報によれば、彼の巨人での年棒は8億円で、日本球界最高額になったようです。

1年契約なので、来年オフには海外フリエージェント権を行使して再びメジャーに挑戦する可能性があるとも。

昨年12月、悩み抜いてげっそりしている菅野選手の姿にびっくりしていたのですが、ひとまずこれで決着。

ペナントレースが楽しみです。

菅野選手は2015年から日本介助犬を支援している

トップに戻る