ナチュラルさが魅力『スワッグ作り』

ヨーロッパでは空気の浄化や魔除けの意味も スワッグとはドイツ語で「壁飾り」の意味。植物を束ねて、壁やドアなどにつるして楽しむインテリアアイテムですが、もともとはヨーロッパで空気の浄化や魔除けとしてハーブや香草を束ねてつる […]

ヨーロッパでは空気の浄化や魔除けの意味も

部屋に飾るだけでナチュラルな雰囲気が生まれます

スワッグとはドイツ語で「壁飾り」の意味。植物を束ねて、壁やドアなどにつるして楽しむインテリアアイテムですが、もともとはヨーロッパで空気の浄化や魔除けとしてハーブや香草を束ねてつるしたことからきています。

初心者にも挑戦しやすいと人気のスワッグの作り方をグリーンギャラリーガーデンズの牧野明美さんに教えてもらいました。

教えてくれたのは、園芸担当の牧野明美さん

「束ねるだけのスワッグは、アレンジやリースよりも手軽に挑戦できるので、初心者にもお薦めです」と牧野さん。

一般的にはドライフラワーやプリザーブドフラワーを使ったものが多いですが、生花で作って飾りながらドライフラワーにする方法も。

その際、ドライフラワーに向く植物を選びます。

花材はお庭で育てているユーカリやラベンダー、実もの、枝ものなどを使ってもいいそうです。

用意するもの花材、麻ひも、はさみ、あればリボン

「壁に飾った時の逆三角形をイメージしながら作ると形が決まります。キッチンには月桂樹や赤唐辛子、ドライレモンなどを使って。ナチュラル系なら葉物を中心に、同系色でまとめるとセンス良く仕上がりますよ」。

まずは土台になるものを決めて、手に持つ部分から下の葉を取り除きましょう。

壁飾りなので後ろ面が平らになるよう、机の上に置いて束ねていくとうまくいきます。

手元の茎がらせん状になるようにしながら、段々と手前が短くなるように花材を重ねていきます。

この時、同じ植物はまとめます。

たまに逆さにしてバランスを確認しながら作っていきます。

茎の長さを整え、麻ひもでしっかりと縛り、その上からリボンを掛ければ完成。

S字フックなどで壁やドアに飾ります。

「季節に合わせた花材を選ぶことで一年中楽しめるスワッグ。

おうち時間が増えた今、身近な植物を使ってぜひ挑戦してみてください。

癒しの空間が演出できますよ」と牧野さん。

[今回使ったもの]

ユーカリ3種類ハンノキ

スカビオサ

千日紅

アジサイ

ハイブリッドスターチス

キングプロテア

①土台になるものを決めて、手に持つ部分の葉を取り除く

②段々と手前が短くなるように花材を重ねていく

③麻ひもで根本をしっかりと縛る。好みでリボンを掛けても

協力:グリーンギャラリーガーデンズ
住所/東京都八王子市松木15の3
電話/042-676-7115
トップに戻る