【第12回】食べたがり編集部のふるさと乙なモノ―徳島県

和三盆糖とは、江戸時代から作られている日本の伝統的な砂糖のこと。 サトウキビの一種である「竹糖」を原料に、徳島県と香川県の一部で生産。 徳島県産のものを「阿波和三盆糖」と呼び、はかない口どけ、上品な甘みは、高級砂糖として […]

公開日:2020/12/31 193 view

和三盆糖とは、江戸時代から作られている日本の伝統的な砂糖のこと。

サトウキビの一種である「竹糖」を原料に、徳島県と香川県の一部で生産。

徳島県産のものを「阿波和三盆糖」と呼び、はかない口どけ、上品な甘みは、高級砂糖として重宝されています。服部製糖所は、創業1864年の老舗。

阿波和三盆糖(上は干菓子にしたもの)

150年以上もの間、代々受け継いできた竹糖を自社で栽培し、竹糖100%での製糖にこだわります。

最上質品の「大無類和三盆」(100g1,620 円)は、宮内庁御用達の品で、2019年に開催されたG20大阪サミットでも振る舞われた日本を代表する逸品です。

その大無類和三盆そのものを味わうなら、つなぎや添加物を一切使用していない干菓子がお薦め(2個入り378 円から)。

「親しみやすくして、日常的に楽しんでもらいたい」と、伝統的な型だけでなく、ポップなデザインを取り入れたところ若い世代からの注目度がアップ。

「白無垢と袴」「赤ちゃんと哺乳瓶」は、結婚・出産のプチギフトとして人気です。

購入は、和三盆専門店「わんさんぼん」オンラインショップで。

服部製糖所
阿波市
電話/088-696-5270

徳島県出身の有名人
尾崎将司(プロゴルファー)
浜内千波(料理研究家)
米津玄師(シンガソングライター)

トップに戻る