【Lecipe】折り紙で作る「干支の置物」

「折り紙で作る干支の置物」をご紹介。作り方は国際おりがみ協会の伊藤和男さんに聞きました。

公開日:2020/12/15 379 view

12月(師走・しわす)

11日 国際山の日
13日 正月事始め・煤払い
21日 冬至
24日 クリスマス・イブ
25日 クリスマス
28日 仕事納め
31日 大晦日

折り紙で作る干支の置物

丑年の来年に向けて、折り紙で干支の置物を作ってみてはいかがでしょうか。国際おりがみ協会の伊藤さんに作り方を聞きました。

〇材料 両面折り紙(15㌢の正方形で、金赤、銀赤)

○作り方

①赤の面を表、金の面を裏側にして、横半分に谷折りにして折り筋をつけて広げます。金の面にして、右側八分の一ほどのところを谷折りにします=写真①。

②また裏返し、①で折った中央の折り線に合わせるように上下の辺を谷折りにします=写真②。

そのまま裏返して、左の辺を上の辺に合わせて折って(写真③)戻し、同様に下の辺に合わせて折り広げて折り筋をつけます。

③交わった筋を中心に谷折りにして戻し、折り筋でできた中心点を頂点に左右から押し込むようにして三角折りに。上部を内側に折り込みます=写真④。

④三角の中心に合わせるように両側を半分に折り、戻します。さらに左右の角から頂点に向かって折り上げ(写真⑤)、折り筋をつけます。

⑤④の折り筋でできた中心点が山の頂点になるよう、三角の角をつまむようにして折り込みます=写真⑥。

⑥全体を半分に山折りにします=写真⑦。

尾側の上部を中割り折りに、下部は開いてそれぞれ内側に折り込みます。最後に牛の角部分を、それぞれ折り上げて完成。

町田市在住。会社員の傍ら、国際おりがみ協会に所属し町田市内子どもセンター等で月1回指導も。
12月は12日午後1時に、まあち、26日午後3時は、ばあんで。

伊藤和男さん
電話/090-4059-5622
トップに戻る