宝塚にときめいて

八王子出身のタカラジェンヌ 宝塚歌劇団宙組には八王子出身のタカラジェンヌがいます。 凛城きら(りんじょうきら)さん、男役で、愛称はりんきら、れいかさんです。 2006年入団の92期生、今年研15(研究科15年生)の上級生 […]

八王子出身のタカラジェンヌ

宝塚歌劇団宙組には八王子出身のタカラジェンヌがいます。

凛城きら(りんじょうきら)さん、男役で、愛称はりんきら、れいかさんです。

凛城きらさんが大好きで、いろいろな写真を持っています

2006年入団の92期生、今年研15(研究科15年生)の上級生で、宙組公演ではいつでも主要な役を務めています。 

凛城きらさんはお顔が美しくて、芝居・歌・ダンスすべてにおいて実力と安定感のある生徒さんです。

最近の印象的な役は「オーシャンズ11」のルーベンでしょう。

主人公ダニー・オーシャンがお金を借りにいくのですが「いくら欲しい、額を言え」と答える太っ腹な大金持ちオジサン。凛城さんが演じると、専科生かと思うほどうまいのです。 

このように青年役から年配役までこなしますが、長身の男役ぞろいの宙組では、身長170㎝の凛城さんでも女役をすることがあります。

2017年の「神々の土地」(ロシア革命の話)で演じたのは、歴史に翻弄された悲劇の皇后・アレクサンドラ。

威厳に満ちた美しさに思わず息を飲みました。 

お茶会(ファンミーティング)では、好きなラーメンの種類を聞かれ「八王子ラーメンです」と答えた凛城さん。

その話しぶりは爽やかで、いかにも八王子出身らしい、媚びない凛としたものをお持ちなのだと感じます。 

凛城きら様、これからも熱く応援しています。

来年1月8日〜2月21日の宙組東京公演「アナスタシア」どうか、頑張ってくださいね!!

絵:ボン乃セリ美
凛城きらさんが演じた宙組公演「オーシャンズ11」
ルーベン・ティシュコフ
文:叶也 妙
八王子在住の宝塚ファン。
昨年の観劇回数は85 回 
トップに戻る