(ワタシ的)プロ野球選手名鑑・神宮デビューとラスト甲子園

所属:東京ヤクルトスワローズ奥川恭伸 投手 背番号:11 所属:阪神タイガーズ藤川球児 投手 背番号:22 11月10日、神宮球場に流れたのはOfficial髭男dismの「宿命」 2019年の甲子園関連番組のテーマ曲だ […]

公開日:2020/11/28 122 view

所属:東京ヤクルトスワローズ
奥川恭伸 投手 背番号:11

所属:阪神タイガーズ
藤川球児 投手 
背番号:22

11月10日、神宮球場に流れたのはOfficial髭男dismの「宿命」

2019年の甲子園関連番組のテーマ曲だったその曲とともにマウンドに上がったのは同年のドラフト1位・奥川恭伸投手です。

ヤクルト入団後は、一軍での初先発を今か今かと待っていました。

結果は広島カープを相手に3回途中9安打4失点で降板し、プロ初黒星となりました。

見ているこちらが緊張するような本拠地最終戦での一軍デビューでしたが、本人は時折、奥川スマイルも見せていました。

彼のプロ野球人生が本当に始まった同じ日、甲子園では阪神の藤川球児投手の引退試合が行われていました。

最後まで見せた強いストレートでの空振り三振

大歓声を浴びながらマウンドを降りました。

JFKと呼ばれた阪神での活躍ののち、移籍したメジャーリーグでの辛い日々。

帰国後の独立リーグでのプレー、そして阪神復帰など、22年間の投手生活はまさに波乱万丈でした。

セレモニーでのその紹介ビデオを見ながら、その一方では、ひっそりと退団していく選手も多いこの季節は複雑な気持ちになります。

ストーブリーグの中心は誰になるのだろう

トップに戻る