【相模原市立博物館】開館25周年記念展で「無量光寺文書」初公開

博物館開館25周年・山崎弁栄上人没後100周年記念「無量光寺文書・山崎弁栄遺墨展」が相模原市立博物館で11月15日まで開催。

相模原市立博物館「無量光寺文書」初公開


博物館開館25周年・山崎弁栄上人没後100周年記念「無量光寺文書・山崎弁栄遺墨展」が、相模原市立博物館で11月15日まで開催。 

〝踊り念仏〞を広めた一遍を開祖とする相模原市南区当麻の当麻山無量光寺。61世住職、山崎弁栄上人が無量光寺内に開いた学校は、市内初の私立学校、光明学園相模原高等学校となっています。 

同展では、無量光寺文書全14点を同館初公開する他、同寺に残る指定文化財や、山崎弁栄上人の貴重な遺墨を展示します。 

観覧無料。10月20日から後期で一部展示替え。 

企画展「神奈川の植物、相模原の植物―植物誌から考える生物多様性」を同時開催しています。


相模原市立博物館
電話/042-750-8030
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る