【八王子】はばたけ!つばめの子

つばめ塾の講師たち① つばめ塾で勉強を教えるのは、ボランティアの講師たちです。交通費も自腹という無償のボランティア活動ではありますが、つばめ塾の趣旨に共感し、さまざまな背景を持つ方々が協力してくれています。 今回は、南大 […]

公開日:2020/10/19 30 view

つばめ塾の講師たち①

つばめ塾で勉強を教えるのは、ボランティアの講師たちです。交通費も自腹という無償のボランティア活動ではありますが、つばめ塾の趣旨に共感し、さまざまな背景を持つ方々が協力してくれています。

今回は、南大沢教室で講師を務める大橋多寿子さん(69歳)に、その思いを伺いました。 

フラワーアレンジのプロでもあり、お花が大好きな大橋先生

大橋さんは、元フラワーアレンジ・デザインの講師として、海外のコンペで1等に輝く実力でありながら、英語・数学の家庭教師としても30年以上のキャリアを持つベテラン先生です。

「どちらが本職ともいいがたい、二足のわらじでした」とのことですが、どちらについても相当な実力であることは間違いなさそう! 

現在は主婦業に専念する傍ら、週1回、つばめ塾で英語と数学を教えています。

つばめ塾の講師になったきっかけは? 

自分自身も奨学金を得て学校に通った経験があり、また、海外生活の経験からも、さまざまな子どもを取り巻く環境や状況を見聞きしてきました。教育の大切さや、格差で夢が叶わない切なさをなんとかしたいと考えていたところ、ネットでつばめ塾を知り、その活動に共感して、早速ボランティアを申し出ました。

つばめ塾の講師として嬉しかったことは? 

生徒が希望の学校に受かったことに尽きます。見返りを求めてはいませんが、子供たちが自立するのに少しでも役に立つかもしれないと思えることが、やりがいです。

生徒や保護者の方に伝えたいことは? 

現在の不利な状況は、裏を返せば打開するために自分で工夫したりできる土台なのだと考えて、前を向いて欲しいです。

将来の夢を教えてください。 

いつの日かつばめ塾出身者が社会に大きく貢献してくれること。信じています。

(リポーター加藤)

認定NPO 法人八王子つばめ塾

経済的に厳しい状況にある中高生の学習支援を市内公民館などで行っています。
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る