七五三の新しい参拝様式 【菅原神社・町田天満宮】

七五三の新しい参拝様式として「菅原神社」と「町田天満宮」が対策を講じています。

11月15日は七五三。最近では家庭の事情等で早めに行うこともありますが、今年は新型コロナウイルスの影響で、神社の参拝にも〝新しい生活様式〞が取り入れられています。各神社に聞きました。

菅原神社

緊急事態宣言時は、祈祷の受け付けだけでなく、お守りやみくじの頒布も中止した同神社。その後、新しい形式で再開。各所にアルコール消毒液を設置し、手水舎は竹筒から流水、おみくじ(写真)は、12カ所に仕切られた各束の上からとる等対策を講じています。 
七五三詣では、午前10時〜午後4時祈祷、10月10日〜11月29日の土、日曜と祝日は午前9時から祈祷受け付け。検温をした上で来社し、境内ではマスク着用等のお願いも。
昇殿は、当日1〜3組の場合は家族全員、4〜6組は子供と家族2人、7〜12組は子供と家族1人。子供が2人の場合は家族2人まで。
緊急事態宣言等が再び発令された場合は変更も。

 菅原神社 
 住所/町田市本町田802 電話/042-725-3991

町田天満宮

例年多くの家族連れが訪れますが、今年は現況に配慮し、密を避けるため社殿でのおはらいは行わず、参列も不可。預かり祈願の形式をとり、午前8時過ぎ〜午後5時に初穂料を添えて申し込み。翌朝神職が祈願祭を行い、翌日以降に再来してもらい、祈願札や記念品(写真)を授与するスタイルです。
七五三当日に授与を希望する場合は、2日前までに申し込み。祈願の日を大安等の日柄の良い日を指定することも可。 
七五三以外の祈祷やおはらい等も同様です。お守りやお札は通常通り頒布。 
年末から年始は状況を見て判断。
「日々状況は変わるので、詳細はHPで確認を」と池田宮司。

町田天満宮
住所/町田市原町田1の21の5 電話/042-722-2325
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る