【八王子】はばたけ!つばめの子

困った!ソーシャルディスタンス 〝新しい生活様式〞で迎えた今年の夏休み。 つばめ塾でも感染予防に配慮しながら、中学3年生を対象とした恒例の夏合宿を行いました。  夏合宿といっても、つばめ塾の場合は、もともと宿泊をしない行 […]

公開日:2020/09/20 249 view

困った!ソーシャルディスタンス

〝新しい生活様式〞で迎えた今年の夏休み。

つばめ塾でも感染予防に配慮しながら、中学3年生を対象とした恒例の夏合宿を行いました。 

夏合宿といっても、つばめ塾の場合は、もともと宿泊をしない行事です。

寄付金で購入した昼・夕のお弁当を挟み、朝9時から夜9時まで勉強に集中する2日間を過ごすというものです。 

ではその目的は何かというと、いつもは市内の各教室に通っている中学3年生を1カ所に集め、通常授業(英語・数学)ではカバーできない、国語、社会、理科の一斉授業をすること。

そのため、講師は一斉授業の形に慣れている方ということで、理系の大学の教授、企業の研究開発に従事する方、大学で英語を教える方などが協力してくれました。

暑い中、マスク着用で頑張りました!

また、昨年同様に「卒業生に話を聞く会」も行われ、都立高校生や大学生も駆け付けてくれました。 

ただ、いつもと大きく違うのは、全員を集めて一度で済むはずの授業を、ソーシャルディスタンス(SD)に配慮して2つの教室に分けて行ったこと。

座席もなるべく離して、2人並んで座る席には、簡易パーテーションを用意しました。 

感染に気を付けながら勉強したり、食事したりという環境では、生徒たちも緊張を強いられたことでしょう。

でも、生徒を含め関係者みんなの尽力により、例年と遜色ない充実した内容を終えることができました。 

ところが、新しい生活様式の影響で困った問題はまだあります。

新たな生徒の募集ができなくなったのです。

現在お借りしている各会場でSDに配慮して座席を確保していくとなると、これ以上、定員を増やすことはできません。

このコロナ禍で、つばめ塾を必要としている子どもはきっといるはずなのですが……。


認定NPO法人 八王子つばめ塾
経済的に厳しい状況にある中高生の学習支援を市内公民館などで行っています
https://hachiojiswallow.com/

【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る