川越の魅力と”埼玉あるあるネタ“満載!ご当地ラブコメ『川越の書生さん』作者インタビュー

川越で生まれ育った女子大生・香南(かなん)と、「書生」として同居する美形男子高校生・和数馬(かずま)が繰り広げるラブコメ漫画『川越の書生さん』(講談社刊)。川越出身、在住の作者・幹本ヤエさんに作品について聞きました。


川越で生まれ育った女子大生・香南(かなん)と、「書生」として同居する美形男子高校生・和数馬(かずま)が繰り広げるラブコメ漫画『川越の書生さん』(講談社刊)。

2人の恋の行方とともに、漫画に描かれた川越の見どころや“埼玉・川越あるある”ネタも楽しみのひとつ。

川越出身、在住の作者・幹本ヤエさんに作品について聞きました。

ショッパー所沢・川越エリア最終発行号のために、書き下ろしイラストを描いていただきました。小江戸川越でショッパーを手に、狭山茶とおさつチップを味わう香南と和数馬

“現代の書生さん”小江戸川越に登場



―和数馬を書生にした理由は。


もともとレトロなものが好きだったことと、スタンドカラーに着物姿という“現代の書生さん”は川越の街に合うのではと思って。

実際、川越では毎月8のつく日を「川越きものの日」として、着物に親しむ街づくりに力を入れています。

“きもの男子”にも萌えてほしいですね。



―女子大生・香南の実家は老舗芋菓子屋さんの設定です。


川越で歴史あるお店というと、やはり和菓子屋さんかなと。

コミック1巻の表紙には「川越菓匠くらづくり本舗」さんの紙袋を描かせていただきました。

その後ろの薄緑色の袋も、川越の老舗和菓子屋さんの紙袋をイメージしています。

『川越の書生さん』1・2巻好評発売中。2巻には菓子屋横丁が登場。さらに埼玉県人ならわかる”埼玉病”もクローズアップ!

川越&マニアックな埼玉の魅力再発見!



―『ご当地聖地化マンガコンテスト』投稿の受賞を機に連載が始まりました。川越の街の魅力がいっぱいですね。


川越市民なんですが、連載が始まったころは“今の川越”の情報がアップデートできていませんでした。

漫画を描くにあたり、川越市役所観光課さんをはじめ、さまざまな商店や企業、神社さんにご協力をいただきました。

実は今日もこの取材の前に、喜多院に行ってきたのですが苔の様子がとてもきれいでした。

川越は裏通りを歩くのも面白いですよね。

コロナの影響もあり、今はなかなか遠出ができない時期なので、近場の川越を知るよい機会かも。読んだ方が川越に行きたいと思ってくれたら嬉しいです!



―“埼玉・川越あるある”ネタも満載です。コミック2巻の「狭山茶事変」「埼玉の人口全国5位」には驚きました。


蓄積されていた埼玉関連ネタを入れてみました。埼玉の知らなさ加減をキープしつつ、マニアックなものをちょっとだけ入れてみました。



―今後の展開は。


2人の恋愛模様をすすめながら、川越観光も深堀りしていければ。

自分で行ける範囲の埼玉にも行ってみたいと思っています。

吉見百穴とか、もしかしたら、荒川の壁『荒壁』を超える日がくるかも。

そして、さらなるイケメンも登場するかもしれません。

少女漫画ですが、男性の方もぜひお楽しみください!


漫画の中の川越散策で、香南と和数馬が訪れるお店や紹介されている商品は実在のもの。読んでいると川越観光に行きたくなる楽しさです。

2人の恋の進展は、そしてどんな川越スポットが登場するのか。

今後の展開に注目の『川越の書生さん』待望の第3巻は11月に発売予定です。

【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る