【浦和】障がいのある人もない人も“まぜこぜ”に!クッキー&デリ「マーブルテラス」がオープン

明るくさわやかな店内で、手づくりランチややさしい香りのコーヒーを楽しめるカフェ・マーブルテラスが、3月19日にオープンしました。


大きな窓と白木のテーブルのある明るくさわやかな店内で、手づくりランチややさしい香りのコーヒーを楽しめるカフェ・マーブルテラスが、3月19日にオープンしました。

明るい店内

障がい者の社会参加推進に関わるクッキープロジェクトが運営


運営しているのは、NPO法人クッキープロジェクト(さいたま市大宮区)。

障がいのある人もない人も“まぜこぜ”になって暮らす社会をめざし、障がい者の社会参加の推進などに関わる活動を行っている団体です。

常駐スタッフとボランティアがまぜこぜに


同団体はホテルのシェフやデザイナーの協力を得て、「プレゼントしたくなるクッキー」をコンセプトに、福祉作業所のクッキーづくりの勉強会を重ね、2017年、埼玉県立小児医療センター内に「おかし屋マーブル」をオープン。

勉強会を通じて、味も包装も格段に磨きのかかった作業所のクッキーを、診療をがんばって受けている子どもや保護者の「ごほうびに」と、求めやすい価格で販売しています。

マーブルテラスも“まぜこぜ”がテーマ


マーブルテラスも、「いろんな人が“まぜこぜ”になって過ごせる拠点に」とオープン。

「街角から暮らしを灯す」をコンセプトに建てられた賃貸住宅「コミューンときわ」1階にあり、常駐スタッフ以外に、時には障がいのある人、シニアなどのボランティアスタッフも笑顔で迎えてくれます。

「ランチメニューも“まぜこぜ”がテーマです」と、店長の菅原秀代さん。

トマトカレーとアイスティー


スパイスをブレンドし、丁寧に手づくりしたトマトカレーは、トマトと数種類のスパイスがまぜこぜになって溶け合う絶品メニュー。

この他本格的なチリビーンズが盛り付けられたタコライス、本日の丼があります。

タコライス


ランチタイム午前11時半〜午後2時。

飲み物は、障がい者が豆の選別を行い、スタッフが焙煎している「ちひろ珈琲」の豆を使い、ふわっとやさしく香るすっきり系。

狭山の和紅茶も楽しめます。テイクアウトもでき、「お買い物や散歩の途中に気軽にお立ち寄りください」と菅原さん。

障がい者が作ったクッキーや雑貨の販売も


店内では、作業所で作ったクッキーや楽しい雑貨も販売。

クッキーも販売


雑貨は古布を再利用したエコバッグ、ステンドグラス、縫いぐるみなどどれも魅力いっぱいのデザインです。

ハンドメイド作品にも出会えます


7月末まで「夏ギフト2020」も取り扱い中。

パレスホテル大宮の清涼感のある「ジュエリーフルーツゼリー」に、社会福祉法人みぬま福祉会・工房集のぼやきパフォーマー・金子隆夫さん描き下ろしのオリジナルイラストリーフレット付き。

10個入り2,160円と15個入り3,240円。配送期間は8月10日まで。申し込みはファクスかメールで。

カフェ・マーブルテラス
住所/埼玉県さいたま市浦和区常盤10の21の9(MAP
電話&FAX/048-717-1689
メール/info@cookiesproject.com

関連記事

【埼玉】県民必見!地域に元気を届ける埼玉愛たっぷりなお店17選

さいたま市上尾市伊奈町北本市埼玉県桶川市 おでかけグルメライフスタイル住まい子育て・教育
公開日:2020/07/20
PR 441 view

【さいたま】豆の木で羊羹が半額の「夏季感謝セール」開催中(8/31迄)、夏季限定わらびもちや日進餅も登場

さいたま市埼玉県 グルメニュース
公開日:2020/07/20
PR 231 view

レジ袋有料化直前!すてきなショッピングバッグで快適に

さいたま市上尾市埼玉県 ファッションライフスタイル
公開日:2020/07/20
466 view
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る