【八王子】チアスピリットの風を! 笑顔は元気への第一歩〈ウィンディーズ〉

飛び切りの笑顔と思いっきりの元気でパワーを与えてくれるチアリーディング。リズム感や運動能力の向上が期待できるだけではなく、チアの精神が心の育成につながると、キッズの習い事としても注目されています。

八王子キッズチアリーディングチーム・ウィンディーズ


飛び切りの笑顔と思いっきりの元気でパワーを与えてくれるチアリーディング。

実は、技や表現でいかに観客を魅了するかを競う“スポーツ” なのです。

リズム感や運動能力の向上が期待できるだけではなく、チアの精神が心の育成につながると、キッズの習い事としても注目されています。

現在、年中~小2、小学生~中学生の2チーム、約20人が所属。練習は週1回(火)または週2回(火・金)

応援から競技へ 


今から100年ほど前にアメリカで発祥したチアリーディング。

当初は、アメリカンフットボールなどのスポーツを応援するために活動しており、応援歌の指揮などの役割を担っていました。

後に、より観客を楽しませるためのエンターテインメント要素が加わり、華やかで、スピーディーで、アクロバッティックな演技は人々を魅了。

1980年頃には、チアリーディングの競技会が開催され、〝応援団〞から、技と表現を競うスポーツへと変化していきました。 

スタンツは、信頼しあうことが成功のカギ


日本でも、1987年にチアリーディング界の全国組織が設立され、全国大会が制度化。

競技人口も増え、現在、その数は20万人以上。

高校生や大学生をメインに、地域クラブ、社会人、シニアやキッズなど幅広い層に親しまれています。 

心を育てるチア 


「チアリーディングは、ダンス、モーション(両腕動作と声掛け)、スタンツ(組体操)、タンブリング(マット運動)で構成し演技します。

個々の技術力も必要ですが、仲間を信頼し、協調することが最も大事。

そのため、コミュニケーションが不可欠です」と話すのは、八王子キッズチアリーディングチーム・ウィンディーズの代表羽田真紀子さん。

協調性はチアの要


競技経験者でもあり、日本体育大学チアリーディング部監督も務める、指導歴20年の本格派です。 


「地元でキッズチームを立ち上げたのも、今の子供たちに、チアを通じてコミュニケーション力を高めてほしいと思ったからです。

チアスピリット(応援する心・感謝する心・仲間を大切にする心・礼儀を大切にする心)を持ち、積極的で、元気で、笑顔な子供たちをもっと増やしたい」と話します。 

月に一度、講師を招いて筋肉の使い方を学びます


同チームは、2016年に誕生。

八王子市浅川市民センターやエスフォルタアリーナ八王子で活動しています。

現在20人ほどが所属しており、メンバーを募集中。

詳しい練習日や体験希望など問い合わせは、メールで。

関連記事

誰でも、気軽に、楽しめる「ビーチボール」の魅力

日野市東京都 ニュース美容・健康
公開日:2020/07/09
1,264 view

八王子発C級グルメ⁉ パンカツを作ってみた

八王子市東京都 グルメ料理・レシピ
公開日:2020/07/09
406 view

【おうち時間】風呂敷で簡単エコバックの作り方

共通 ライフスタイル
公開日:2020/07/09
4,501 view

【簡単】おうちでできるゲーム「引っぱり王選手権」

共通 ライフスタイル子育て・教育
公開日:2020/07/09
97 view
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る