一緒に作って楽しい成長記録「ペタペタアート」、可愛い象のアートに挑戦!

子どもの「今」を残す手形・足形アート作りの手伝いや、UN-DECORロゼット認定講師として、ロゼットワークショップを行う菊池かおりさんにうかがいました。


あっという間に成長してしまう子どもたちの記録を、楽しく可愛く残せたらすてきですね。

桶川市のおうち教室「うっきっき」菊池かおりさんにうかがいました。

一緒に楽しめる空間を


petapeta-art® アドバイザーとして、子どもの「今」を残す手形・足形アート作りの手伝いや、UN-DECORロゼット認定講師として、ロゼットワークショップを行う菊池かおりさん。

菊池さんは産前、学童保育や障がいを持つ子どもと関わる仕事をしており、また仕事をするときは子どもと関わる仕事に就こうと思っていました。

また産後に、親子で遊びに行ける場所のありがたさを感じたことから、自分にも何かできないかと考えていたといいます。

「パパ、ママ、子どもが一緒にうきうきできる場所を作ろうと思い、おうち教室『うっきっき』を始めました。現在ベビーマッサージの資格取得中なので、今後はベビーマッサージレッスンも行う予定です」

力を合わせて親子の宝物に


作品作りを通じて、「育児の息抜きになる」「作品を見るとほっとする」「子どもの手形足形に、ママが少し手を加えて作り上げるペタペタアートは、とてもすてきな成長記録だと思う」など参加者から温かい声が届いています。


子どもと一緒に行う作品作りは一見難しそうに見えますが、菊池さんは「綺麗に手形足形が取れなくても大丈夫!

マスキングテープなどでママが手を加えることですてきな作品に。

子どもだけでなくパパ、ママも手形足形をとり、家族アートにしても良いと思います。

ぜひ楽しみながら作っていただければ」と話しています。

おうち教室「うっきっき」のインスタグラムアカウントでは、日頃の活動の様子や簡単にできるおうちあそびを紹介。

問い合わせは、メールへ。

一緒にやってみよう!可愛い象のペタペタアートに挑戦

★用意するもの
・画用紙など手形を写したいもの
・スタンプインクや水彩絵の具
・ペン
・好きな柄のマスキングテープ
・はさみ

作り方


①スタンプインクや水彩絵の具で手形をとる。

②インクや絵の具を乾かす。

③目・まつ毛・耳・しっぽ・ひづめ・しわをペンで描き込む。

④マスキングテープを三角形に切り取り、帽子を作って貼る。

ガーランドや花飾りを入れるとより華やかな仕上がりに♪

【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る