【町田】バケツ稲で米や日本酒作り、6/23〜28に田植え

自分で育てた米を収穫して試食し、さらに日本酒を作るといった貴重な経験が家族で楽しめると評判のイベントが、町田市内で今年も開かれます。


稲が米になる過程を、実際に育てながら観察する授業を取り入れている小学校が増えています。

田植えから稲刈りまでの米作り体験を行う自治体も。

自分で育てた米を収穫して試食し、さらに日本酒を作るといった貴重な経験が家族で楽しめると評判のイベントが、町田市内で今年も開かれます。

スズメが苦手なキラキラしたテープを穂の周りに張りスズメ除け=写真はすべて前回

ソーシャルディスタンス田植え


町田市立総合体育館内でレストランを営む町田フレンズサポートが主催する、まちだ〇ごと大作戦「総合体育館で米作り〜バケツ稲1000杯チャレンジ〜」が今年も開催され、バケツ稲オーナーを募集中です。 


同体育館正面入り口近く、現在休止中の噴水を棚田に見立て、1,000杯のバケツ稲を育てるバケツ稲作を行います。

枯れた噴水の景観改善や、同施設の障害者の雇用創出等を目的として始めた、2年目になるイベントです。 

棚田に見立てた噴水に並べられたバケツ苗で田植えをする参加の家族達


今年はコシヒカリと酒米・五百万石の2種類を栽培。

6月23〜28日は、自分専用のバケツの土にくぼみを作り、3本くらいの稲の苗を差し込み、田植えを行います。


新型コロナウイルス感染症予防対策として密にならないように、イベントの時間帯を延長して参加者を分散させ、会場を広く使い「ソーシャルディスタンス田植え」をします。 


夏には隣接する恩田川から水を汲み上げて稲に水を入れる「水汲み大会」。

300ℓのタンクにくみ上げた恩田川の水を参加者でバケツリレー


秋には天日干しした稲刈りや、脱穀・精米といった体験イベントが続きます。

その時期ならではの作業を少人数の募集で体験できるような「ソーシャルディスタンス稲作」を実践予定。

八十八の手間を掛け育て、たわわに実った稲穂


HP等では稲の成長記録を日々アップしていきます。 

11月ごろに、収穫した米でおにぎりと米粉パン、米粉クッキーを作り、「試食会」を開催。

イベントに参加できなかった人向けに日持ちする米粉クッキーも用意します。


酒米は醸造して日本酒を作り、酒造見学会を行い、来年6月ごろに試飲会の予定です。 

参加費はバケツ代、イベント参加権、保険料込みで子供300円、大人500円。

イベント当日はタオルのみ持参で参加を。


今年は新たに日本酒4号瓶コースを設け、20歳以上50人限定で酒瓶1本付き2,500円。

昨年は、夏の日照りの際に毎日水やりをスタッフで対応。台風もありましたが、バケツを避難させ乗り越え、48㌔の米が収穫できました。 

「自分専用の稲バケツにペットボトルで水を運んでくる子供の姿も見られました」とほほ笑ましいエピソードを話す担当の坂野さん。

「毎年の恒例イベントにしていきたい」とも。

申込み・問合せ/レストラン フレンズ
電話/042-727-9844

関連イベント

【おうち時間】ギャザリングで花をもっと自由に楽しもう!作り方も紹介

八王子市東京都 ライフスタイル
公開日:2020/06/18
1,085 view

【おうち時間】親子で作ろう!生き物が集まる小さなビオトープ

東京都町田市 ニュース子育て・教育
公開日:2020/06/18
782 view

【おうち時間】飾り切りにトライ!ひと手間で可愛い「かまぼこウサギ・市松模様きゅうり」

共通 子育て・教育料理・レシピ
公開日:2020/06/18
275 view

【最新】町田市でテイクアウト・宅配できるお店まとめ① #おうちで食べ隊町田

東京都町田市 グルメニュース
公開日:2020/06/18
16,989 view

【最新】町田市でテイクアウト・宅配できるお店まとめ② #おうちで食べ隊町田

東京都町田市 グルメニュース
公開日:2020/06/18
5,488 view
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る