【飯能モルッククラブ】フィンランド発祥のスポーツ「モルック」の普及を。簡単なルールと戦略性が魅力

「モルック」は、フィンランド発祥のスポーツで、大人から子どもまで楽しめると、近年注目を集めています。その普及に努めている「飯能モルッククラブ」を紹介します。


「モルック」というスポーツをご存じですか。

フィンランド発祥のスポーツで、大人から子どもまで楽しめると、近年注目を集めています。

その普及に努めている「飯能モルッククラブ」を紹介します。

モルックを投げる時は、必ず下手投げ。3回続けて得点できないと、ゲームからはずれて得点係になります。ゲームが進むと、スキットルがだんだん離れて、難易度があがります

小学生から高齢者まで楽しめるスポーツ


飯能モルッククラブは「モルックを飯能でメジャーなスポーツに」を目標に活動中。

週2回練習会を開いています。

モルック(Molkky)は、1996年にフィンランド・カレリア地方で発祥したスポーツ。

木の棒(モルック)を、立てられた12本の木の棒(スキットル)に投げて得点を競い合うゲームです。

番号のついた12 本のスキットルを隙間なく配置。ピンから3~4mくらいのところに投げ位置のラインを引き、順番にプレイ


「小学生からお年寄りまで楽しめてルールも簡単。地元の名栗小学校のPTA活動や、駿河台大学の学生さんとの体験会なども行ってきました」と部長の町田さん。

木の棒を投げ合い50点獲得を目指す


プレイヤーは2人以上。

順番を決めて交互にモルックを下手で投げ、スキットルを倒していきます。

スキットルが1本倒れるとその番号が得点になりますが、2本以上倒れると倒れた本数が得点に。

倒れたスキットルはその場所に立ててゲームを進めるため、間隔が広くなり倒すのが難しくなっていきます。

1本倒れるとその番号が得点に、2本以上倒れると倒れた本数が得点に。この写真の場合、4本倒れているので4点が得点になります


そして、最初に得点が50点ちょうどを獲得したプレイヤーが勝利。

50点を1点でも超えると、25点に戻りゲームが続いていきます。


「50点を阻止するために、相手の狙っているスキットルを遠くに飛ばすなど、戦略を立ててプレイするのも面白さ。今後さらに普及してほしいですね」と町田さん。

モルックの初体験者からは、「最初は投げ方がぎこちなかったものの、慣れてくるとスキットルを狙えるように。ゲームを楽しむことができました」との感想が寄せられています。


定期練習会は水曜(飯能市民体育館ペタンク場)と日曜(名栗ホームグラウンド)に実施していますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため現在休止中。

同クラブのフェイスブックから練習の動画を見ることができます。

練習再開時期などの問い合わせは、町田さんへ。

町田さん
電話/090-2659-1076

関連記事

【埼玉県】「選手と一緒に体を動かそう!」動画を配信、浦和レッズや埼玉ブロンコスの選手が出演

埼玉県 ニュースライフスタイル子育て・教育
公開日:2020/06/14
255 view

「大谷翔平の魅力を伝えたい」アメリカで活躍する所沢出身記者“ノブ斎藤“の思い

埼玉県所沢市 ニュース
公開日:2020/06/14
1,535 view

誰でも、気軽に、楽しめる「ビーチボール」の魅力

日野市東京都 ニュース美容・健康
公開日:2020/06/14
1,549 view

「テニスで恩返ししたい」所沢から世界を制する~笑顔の車いすプレイヤー田中愛美選手

共通所沢市 ニュース
公開日:2020/06/14
1,904 view
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る