「狭山を繋ぐプロジェクト」医療従事者へ感謝の気持ちを伝えよう!

「新型コロナウイルス感染症と最前線で戦う医療従事者に、食で感謝を伝えたい」。そんな思いを込めた「狭山を繋ぐプロジェクト」が、始動しました。


「新型コロナウイルス感染症と最前線で戦う医療従事者に、食で感謝を伝えたい」。

そんな思いを込めた「狭山を繋ぐプロジェクト」が、始動しました。

子どもたちからの感謝の手紙


企画したのは狭山商工会議所青年部。

医療従事者に市民からのメッセージカードとともに、売り上げが落ち込んでいる茶業店やスイーツ店、飲食店などの食材を届け、狭山にひとつでも多くの笑顔をつくり出すことを目標に活動。

同青年部を主体に各団体、企業、個人らでSAYAMA LOVE実行委員会を立ち上げ、地域ぐるみで行います。


「医療従事者の方に『ありがとう』の感謝と応援の気持ちを伝えたいと、約300人の方へのお届けを目標に始めましたが、約3600人の方へお届けできることになりました」と同実行委員会。

活動の第1弾として5月22日から、子どもたちからの感謝の手紙を添えてスイーツのお届けが始まっています。


現在、寄付金や医療従事者への感謝の手紙を募集中。

詳細は狭山商工会議所青年部へ。

狭山商工会議所青年部
電話/04-2954-3333
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る