【おうち時間】野菜や果物と対話し絵を描こう―画家の重松深雪さん

家の中で過ごすことが多い梅雨の時季を迎え、親子で一緒に「描くことを楽しむ」ことを目的に、絵を描いてみませんか


家の中で過ごすことが多い梅雨の時季を迎え、親子で一緒に「描くことを楽しむ」ことを目的に、絵を描いてみませんか。

相模原市内で、淡彩スケッチ教室や親子向けワークショップを開く、画家の重松深雪さんに話を聞きました。

絵の得手不得手にこだわらず、集中してモチーフと対話する時間を作ることで心が解放され、気分転換ができそうです。

親子で描く!
それぞれのパイナップル★ぱいなっぷる

<用意するもの> 
・赤、青、黄、緑、茶色の水彩絵の具
・墨汁
・先を削った割りばし
・画用紙
・新聞紙等敷き物
・絵の具用パレット
・墨汁用容器
・水入れ(ペットボトルの下の部分で代用可)
・筆
・筆拭き用タオル
・モチーフの野菜や果物

まずはよく見て感じて、紙に描いてみよう 


植物、野菜や果物と対話することで「いろいろな発見がある生き物の世界との会話をするのに、集中する時間を持つことができるので大切」と重松さん。

「色と遊び形をみつめる」をモットーに、遊びの中から、探して見つけて、考えて描くことを楽しみます。

絵の具の大実験


①赤、青、黄、緑、茶色の5色。

水を加えれば、色が薄くなり、混ぜれば色数が増えます。


②10色、15色、20色と増やして色作りに挑戦していきましょう。

色を見つけよう


①パイナップルの中には、いろいろな色があふれています。

②色をみつけて、色を作りながら、手や筆を使い塗ってみましょう。

大きな紙に色を塗るだけで、楽しい気分に。

“割りばしペン”で遊ぶ


①割りばしの片側を、カッターで鉛筆のように削ります。

もう一方の片側は少しだけ削ります。


②割りばしに墨汁をつけて、いろいろな線を引いてみます。

パイナップルの形を見つめよう


①好きなところから描きはじめ、作品を作り上げます。


②トマトでも、ニンジンでも楽しめます。 



指導者の重松さんは、

「描くことは自由で楽しい表現。描くことを通して、生き物として視点をずらす体験にも」

と、親子のワークショップ活動に力を注いでいます。

画家の重松深雪さん

プロフィル
重松さんは多摩美術大学卒業後、「スケッチのある生活」を提案する大人向け淡彩スケッチ絵画教室アトリエ重松、相模原市内で「色と話す」「色を使う」等のワークショップや「アトリエ重松びじゅつ広場」を主宰。神奈川県内の4カ所の保育園で美術専門講師やカルチャー教室の講師も。

問合せ042-765-2880

関連記事

【おうち時間】縫わずに簡単!お菓子の袋をリメイク

共通 ライフスタイル子育て・教育
公開日:2020/06/02
3,703 view

【おうち時間】牛乳パックで作る「和紙風ランタン」

共通 ライフスタイル子育て・教育
公開日:2020/06/02
1,890 view

【おうち時間】親子で作ろう!生き物が集まる小さなビオトープ

東京都町田市 ニュース子育て・教育
公開日:2020/06/02
954 view

【おうち時間】飾り切りにトライ!ひと手間で可愛い「かまぼこウサギ・市松模様きゅうり」

共通 子育て・教育料理・レシピ
公開日:2020/06/02
338 view

【クイズ】今月の一枚謎―2020年5月

共通 子育て・教育
公開日:2020/06/02
4,553 view
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る