【レシピ】体にやさしい 「米糀甘酒」の料理2選

甘酒は、アミノ酸が豊富で栄養価が高く“飲む点滴”ともいわれています。米糀甘酒の作り方と甘酒アレンジ料理について、町田市在住の甘酒料理家、末吉真由華さんに聞きました。


甘酒は、アミノ酸が豊富で栄養価が高く“飲む点滴”ともいわれています。

疲労回復の他、免疫力アップやアンチエイジング、美容やダイエットにも良いといわれ話題に。

米糀甘酒の作り方と甘酒アレンジ料理について、町田市在住の甘酒料理家、末吉真由華さんに聞きました。

甘酒料理家、末吉真由華さん

お薦めは生米こうじと米、水だけで作るノンアルコールの万能調味料である米糀甘酒。

風味や香り、甘みが味わえて飲みやすいのが特徴。

米糀甘酒


【材料】
生米こうじ100グラム、ご飯300グラム、湯300㏄

【ワンポイント】
甘酒は60度以上になると酵素が弱まり、免疫力が期待できないので注意しましょう。血糖値が上がるため1日に100ccの摂取が目安です。甘酒は24時間以上保温すると酸味がでて発酵が進むので注意。

ノンアルコールで子供でも飲みやすい米糀甘酒

作り方


①ご飯300グラムを炊飯器で炊き、熱湯300ccを注ぎ、よく混ぜ合わせます。

②炊飯器の保温を切り、ブレンダーやミキサーを使い、かゆ状にします。そのままで粗熱を取り、温度計を挿して60度まで下げます。

③使用する約30分前に常温に戻し、ほぐしておいた、米こうじをかゆに入れてよく混ぜ合わせます。

④炊飯器のふたを開けたままにし、乾燥を防ぐため濡れ布巾をかぶせておきます。

⑤1時間に2〜3回しゃもじ等で混ぜると、でんぷんとこうじ菌の作用で糖化が進みます。

⑥約5時間そのままにしておき、甘くなれば出来上がり。甘さが足りないときは、さらに2時間くらいその状態のままに。

⑦炊飯器の釜を引き上げて、氷水のボウルに漬けると、甘酒が急冷されて甘さが強くなります。

⑧保冷袋や製氷機等に入れて冷凍庫で1カ月ほど保存できます。使う度に自然解凍するのがお薦め。

甘酒アレンジ料理「甘酒チキンカレー」


【材料(6食分)】
鶏もも肉300グラム、米糀甘酒40グラム、ニンジン150グラム、リンゴ100グラム、タマネギ400グラム、菜種油大さじ3、ニンニク・ショウガ各大さじ1、カレー粉大さじ3(30グラム)、水700㏄、コンソメ(顆粒)10グラム、しょうゆ20グラム、ケチャップとウスターソース各25グラム、塩10グラム、米粉50グラム

【ワンポイント】
酵素を摂取したい場合や子供向けにまろやかさが欲しい場合は、火を消して食べる直前に好みで米糀甘酒を加えるとよいでしょう。ジャガイモは使わないので冷凍保存もできます。

まろやかな味わいが楽しめる甘酒チキンカレー

作り方

①ニンジンとリンゴは、すりおろします。

②一口大にカットした鶏もも肉、米糀甘酒、すりおろしたニンジンとリンゴをタッパに入れ、よくもみ込んで一晩漬け込みます。時間がないときは30分でも可。野菜と甘酒の酵素が肉を柔らかくしてくれる作用があります。

③タマネギを薄切りにして耐熱ボウルに入れ、ラップをふんわりかけ、600Wレンジで15分加熱。タマネギを裏返し、さらに10分温めると炒めたタマネギのようにトロトロに。

④鍋が冷たいうちに、菜種油、すりおろしニンニク、ショウガ、レンジで調理したタマネギを入れ、よく混ぜ合わせます。中火でタマネギの水分をしっかり飛ばしたら、そこにカレー粉を入れて軽く炒めます。

⑤鶏肉に付いたニンジン等を軽く取り除き、油を引いたフライパンで鶏肉の表面を軽くソテーします。

⑥④の鍋に、ソテーした鶏肉と、甘酒やリンゴ、ニンジンの漬け汁、水500㏄ を加え、ふたをして加熱し、沸騰したら弱火にして30分ほど煮ます。

⑦コンソメ、しょうゆ、ケチャップとウスターソース、塩、米粉を水200グラムで溶いたものを入れ、とろみをつけながらさらに沸かして混ぜ合わせます。焦げやすいので注意をしましょう。

とろみを強くしたい時は米粉を増やし、水分が少なければ、水100㏄ を加えます。味を整えたら完成です。 


肉がほろほろと口の中でとろけ、スパイシーさと甘酒のまろやかな味わいが後を引きます。カレーうどんにしてもよく合います。

甘酒アレンジ料理「ドレッシング」


【材料】
エキストラバージン油またはオリーブ油80㌘、米酢またはリンゴ酢60㌘、甘酒80㌘、塩小さじ1、コショウ少々

優しい甘さと酸味とのバランスがサラダにぴったり

作り方


①オリーブ油と酢を混ぜ合わせます。

②甘酒、塩、コショウを加え入れて味を整えます。


米糀甘酒の優しい甘さと酸味とのバランスがよく、さっぱりとしてどんなサラダにも合います。キュウリの千切りやプチトマト、スイートコーン等に漬けると即席マリネに。

しょうゆ小さじ1と菜種油80㌘に変えれば、和風ドレッシングになります。

冷蔵庫で約一週間保存可能です。


日本人の食文化に欠かせないこうじを、食生活に上手に取り入れてみては。

甘酒料理家 末吉真由華さん

コワーキング喫茶cosoadotで、毎週木曜日に甘酒を使ったランチを限定15食提供。
第3木曜日は甘酒料理教室も開催。詳細はHPまたは甘酒物語

住所/町田市南町田1の4の9
電話/080-7752-1712

関連記事

【ちょい足しレシピ】栄養満点!飲む点滴「甘酒」をもっと飲みやすく♪

共通 料理・レシピ美容・健康
公開日:2020/05/14
687 view

【おうち時間】手づくりおやつで贅沢ティータイムレシピ2選

共通 グルメ料理・レシピ
公開日:2020/05/14
539 view

【最新】町田市でテイクアウト・宅配できるお店まとめ① #おうちで食べ隊町田

東京都町田市 グルメニュース
公開日:2020/05/14
17,582 view

【最新】町田市でテイクアウト・宅配できるお店まとめ② #おうちで食べ隊町田

東京都町田市 グルメニュース
公開日:2020/05/14
5,639 view

野菜ソムリエが教える「親子で楽しむ野菜生活」、簡単レシピも紹介

共通 子育て・教育料理・レシピ
公開日:2020/05/14
1,255 view
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る