【所沢市政施行70周年/まちと歩む老舗】明治時代創業5代目へ受け継がれた「いせき」

所沢市は今年、市制施行70 周年。まちと共に歴史を刻んできた商店を紹介します。|明治時代創業5代目へ受け継がれた「いせき」


所沢市は今年、市制施行70 周年。

まちと共に歴史を刻んできた商店を紹介します。

1952年の店頭。2代目福太郎さん(中央)と3代目武七さん(右2番目)。左看板の「買う人の気持ちになって賈る店」が今に継がれている


「いせき」は所沢駅西口の「プロペ通り商店街」に立地する、生地、手芸用品、カーテン、ホームファッションを取り扱う店。

1893(明治26)年から続く老舗として知られ、創業当初は所沢織物の買継商を、戦後は時代と地域のニーズの変化に応えながら化粧品や文具、衣料品、呉服などの小売業を営み、現在に続いています。


会社組織となったのは70年前。

現在5代目・井関克行さんが昨年父の雅晴さんから引き継ぎ、社長を務めています。

5代目 井関克行社長、いせき店頭で


克行さんが大切にしていることは「お客様の声を聞き、トレンドをいち早く取り入れ、お買い得価格で提供すること」。

「布材料なら、いせきさんに行けばそろう」と地域の期待を裏切らない努力も惜しみません。

また時代のニーズに合わせ、ネット通販も開始。

今では売り上げの約2割がネット通販です。


創業者の丑五郎さんの時代から、代々業界や地方自治の要職も担うなど地域に尽くしてきました。

克行さんも現在、所沢プロペ商店街振興組合専務理事を務めており「かつては店主の顔が見える個人店が多かった商店街。

今後、街の発展のために、所沢の玄関口となる商店街の健全なにぎわいづくりがしたい」と話しています。

いせき
住所/埼玉県所沢市日吉町9-22 (MAP
電話/04-2922-1355

関連記事

(ワタシ的)プロ野球選手名鑑・秋山翔吾編「ウナギ、所沢からメジャーリーグへ」

共通 ニュース
公開日:2020/04/29
1,330 view

春の縁起物「狭山茶の新茶」を楽しもう!おいしい淹れ方や新茶レシピを紹介

埼玉県狭山市 ニュース料理・レシピ
公開日:2020/04/29
762 view
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る