【さいたま】市民の独創的なフォトグラムを展示「現在の青図―記憶の窓・Sightama2020―」4月5日まで

現在の青図―記憶の窓・Sightama 2020―が、4月5日までの午後1時〜5時にヒアシンスハウス(南区別所沼公園内)で開催中です。


現在の青図―記憶の窓・Sightama 2020―が、4月5日までの午後1時〜5時にヒアシンスハウス(南区別所沼公園内)で開催中です。

フォトグラムで布に焼き付けた思い思いの「大切なもの・記憶の品」

会場のヒアシンスハウスは、詩人で建築家の立原道造が設計し、地元有志により2004年に建てられました。

展示作品は「さいたま国際芸術祭2020」市民参加事業の一環で、市民プロジェクトコーディネーターを務める写真家・浅見俊哉さんの呼びかけで集まった23人が、カメラを使わず、日光と影で写す古典的な写真の技法・フォトグラムで思い思いの「大切なもの・記憶の品」を布に焼き付けたもの。

感性豊かで独創的な作品が並んでいます。

問い合わせはさいたま国際芸術祭実行委員会事務局へ。

イベント情報

イベント名現在の青図―記憶の窓・Sightama 2020―
開催日 2020/04/01(水)〜2020/04/05(日)
時間 午後1時〜5時
会場 ヒアシンスハウス
住所 さいたま市南区別所4-12-10
問い合わせ050-2018-8030
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る