(ワタシ的)プロ野球選手名鑑「大物ルーキー佐々木朗希投手のミライ」

不定期で(気ままに)更新のワタシ的プロ野球選手名鑑。今回紹介するのは、あの大谷投手を上回る高校歴代最速163キロの球を投げた大物ルーキー佐々木朗希(ろうき)投手。 文:ヒロインちゅみこ


今年はコロナウイルス対策のため開幕は延期。

ですが、ひいきの選手はもちろん、ルーキーがどれだけ活躍してくれるのかと期待が膨らむ日々です。

<今回紹介するのは…>
所属: 千葉ロッテマリーンズ
佐々木朗希(投手) 背番号:17番


今年の注目株はやはり千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手。

あの大谷投手を上回る高校歴代最速163キロの球を投げた大物ルーキーです。

入団会見で佐々木投手は「自分もコアラのマーチのように活躍したい」とコメント


佐々木選手といえば、昨年の甲子園出場をかけた地方予選大会決勝で監督の苦渋の決断により登板を見送り、結果敗退。

高校最後の夏をほろ苦く終えたのでした。

そのイメージのせいか、佐々木選手にはどことなく憂いを感じます。

「孤高」と言い換えてもいいかもしれません。


キャンプ中、その姿を多くの報道陣、相手チームが見つめる中、ただ黙々と投げ込んでいたのです。

投球後は「周囲はあまり気にならなかった」とコメントし、改めて底知れぬ力を感じました。


小学3年生の時、故郷・陸前高田市が東日本大震災に見舞われ、父と祖父母を失ったという佐々木選手。

高校進学の際には、県内外の多くの有名私立高校から勧誘がありましたが、「地元の学校で甲子園を目指したい」との思いから、岩手県立大船渡高等学校に入学したそうです。

若くして故郷を背負い、プロではファンの期待を背負う。

一歩一歩、オトナへの階段を上っていく姿が楽しみです。

関連記事

「大谷翔平の魅力を伝えたい」アメリカで活躍する所沢出身記者“ノブ斎藤“の思い

埼玉県所沢市 ニュース
公開日:2020/03/28
1,309 view

(ワタシ的)プロ野球選手名鑑・秋山翔吾編「ウナギ、所沢からメジャーリーグへ」

共通 ニュース
公開日:2020/03/28
1,175 view

(ワタシ的)プロ野球選手名鑑「広島東洋カープ・鈴木誠也~荒川から架けろ、夢の赤い橋~」

共通 ライフスタイル
公開日:2020/03/28
1,762 view
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る