祝!令和初の特別史跡指定、行田市「埼玉(さきたま)古墳群 」の魅力

9基の大型古墳が集中する埼玉古墳群が、令和2年3月10日、「国宝」に相当する特別史跡に指定されました。県内初の指定で、にわかに注目度が高まっています。


9基の大型古墳が集中する埼玉古墳群が、令和2年3月10日、「国宝」に相当する特別史跡に指定されました。

県内初の指定で、にわかに注目度が高まっています。

9基の大型古墳が集中する埼玉古墳群

東日本最大級の古墳群に古代ロマン満載


埼玉古墳群は、前方後円墳8基、大型円墳1基と小型円墳群からなる東日本最大級の古墳群です。

この規模のものが、5世紀後半〜7世紀初頭の約100年という短期間に造られている点は、他に類を見ないそうです。

どんな人物が埋葬されているのか、前方後円墳の群れの中に、なぜ一つだけ日本最大級の円墳があるのかなど古代ロマンの謎は尽きません。

埼玉県マスコット「コバトン」


稲荷山古墳からは、1968年の発掘調査で「金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)」が出土。

100年に一度の大発見と言われ、国宝に指定されました。

金錯銘鉄剣が出土した稲荷山古墳も登ることができる


表裏に金で記された115文字の銘文には、雄略天皇とみられる「ワカタケル」の文字が、驚くほどはっきりと見てとれます。

将軍山古墳からは、きらびやかな副葬品が数多く出土しています。

横穴式石室を建物の中から見学できる展示館があり、埋葬時の様子を再現。

石室には千葉県房総半島産出の房州石が使われていて、当時の交流の広さも伺えます。

丸墓山古墳


日本最大級の円墳、丸墓山古墳のすぐ近くには、戦国時代に石田三成が忍城(おしじょう)を水攻めにした時に築いた石田堤が残り、頂上からは今も忍城を望むことができます。

ひととき、戦国武将の気持ちに思いを馳せてみては。

丸墓山古墳から見た忍城

9基を巡る約2時間のお散歩コース


また、古墳群を中心に整備された緑豊かな「さきたま古墳公園」は、春は桜やポピー、秋はコスモスなど四季折々の花も楽しめます。

9基の大型古墳をぐるりと見て回ると、約2時間のお散歩コース。

ここ「行田市埼玉(さきたま)」が、現在の県名「埼玉(さいたま)」の発祥の地とする石碑もあります。

さきたま古墳公園内にある「埼玉県名発祥之碑」


園内にある、県立さきたま史跡の博物館には、金錯銘鉄剣など出土品の数々が展示されている国宝展示室や企画展示室、まが玉づくりなどが体験できる工房の他、講座や体験学習、古墳群ガイドツアーも人気です。

事前申し込みが必要なものもあるので、開館状況と併せてホームページで確認を。 


※博物館は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、臨時休館中です。古墳群は見学・散策できます。通常の開館時間は午前9時〜午後4時半(入館4時まで)、月曜休み(祝日の場合は開館)。入館料は200円(高校生・学生100円、中学生以下無料)。

県立さきたま史跡の博物館
住所/行田市埼玉4834
電話/048-559-1111
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る