【町田】樹齢50年のソメイヨシノを見に行こう〈横田園〉

300品種以上もあり、日本を代表する花木であるサクラは、日当たりを好み、自然環境では生育しやすく、手入れは簡単。町田市の園芸専門家に、サクラの育て方や、人気品種についての話を聞きました。


今年のソメイヨシノの開花予想は、西・東日本の広い範囲で例年より早くなっているようです。

300品種以上もあり、日本を代表する花木であるサクラは、日当たりを好み、自然環境では生育しやすく、手入れは簡単。

町田市の園芸専門家に、サクラの育て方や、人気品種についての話を聞きました。

町田市南町田の鶴間橋近く、植木の生産直売の横田園には、ソメイヨシノをはじめ、河津桜や八重桜等、約10種類のサクラがあります。

同代表の横田竜雄さんは、この道40年以上になるベテラン園芸家です。 

お薦めの枝垂れサクラの苗を紹介する横田さん


サクラの管理の注意点としては、せん定や移植は休眠期の1月頃が理想で、枝の切り口から腐りやすいので慎重に枝打ちをすること。

花が散って葉が出始めた時季の4月中旬頃にアブラムシや毛虫の駆除のため殺虫剤をまくこと。 

富士桜の糸しだれ等が花大即売会に 


横田さんが薦める品種「富士桜の糸しだれ」は、昨年くらいから人気で、丈夫で育てやすく、4 月頃に枝垂れた枝に濃いピンク色の花が楽しめます。

花の咲いた「富士桜の糸しだれ」=前年撮影


大きくなっても2メートル程度の小ぶりの花木なので、鉢植えで園芸用として育てることができるのが魅力です。 

園内には、幹の太さが約1 ㍍、高さが10㍍以上もある樹齢50年のソメイヨシノが2本あり、シンボルツリーとなっています。

駐車場近くのソメイヨシノは、たい肥置き場の近くに植えられていたので、より大きく育ちました。 

たい肥置き場に植樹されたソメイヨシノ=前年撮影


樹齢30年になる「仙台しだれ桜」もあり、ソメイヨシノよりも遅くに開花期を迎えます。

近所の人達が、ライトアップをする花見の時季に訪れて楽しんだり、葉が落ちたときには掃除をしたりしてくれることも。 


3月20日から毎週土、日曜に、レモンやミカン等の柑橘系の苗木や1メートルくらいの木がそろう「春の植木と花大即売会」を開催します。

「富士桜の糸しだれ」の苗木等も販売になります。

横田園
住所/東京都町田市南町田1の43の36 鶴間橋近く
電話/042-795-1331

【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る