【八王子】作る人にも遊ぶ人にも優しい木のおもちゃ

障害のある人たち(=工房の利用者)が多摩産の木材を使って、1つ1つ作り上げたおもちゃ。八王子市内3カ所の工房がそれぞれオリジナルの商品を作り、販売しています。

公開日:2020/03/24 763 view


障害のある人たち(=工房の利用者)が多摩産の木材を使って、1つ1つ作り上げたおもちゃ。

スベスベとした優しい触り心地です。

八王子市内3カ所の工房がそれぞれオリジナルの商品を作り、販売しています。

ふきのとう
~シンプルな形で遊び方いろいろ~

 
「ちょーきもちいい!」はネーミングが印象に残るヒット商品。

名前のとおりスベスベで気持ちよく、ヒノキの香りも爽やかです。

ちょーきもちいい!
まる、さんかく、しかく 各330円


2011年には「グッド・トイ」に認定。

2016年から八王子市では妊婦さんへの贈り物として採用されています。

赤ちゃんがなめても安心。

叩いて音を鳴らしたり、おままごとに使ったりと、シンプルだからこそ遊び方もいろいろです。 

つみき(原色カラー)4,950円


「ふきのとうの利用者は、比較的、障害の重い方が多く、職員との共同作業で作っています。

細かく工程を分けることで、自分のできる範囲内で作業していますが、色塗りは皆さん“楽しい”と言ってくれます。

丁寧な仕上げも心掛けています」。

佐藤とみ江さん

木馬工房
~カラフルな小物から実用品まで~


木馬工房の木工部門では、キーホルダーから簡単な家具のオーダー制作まで行っています。

動物マグネット 300円


「工房内の雰囲気が明るい」と言われるのは、カラフルな色使いのためでしょうか。

手軽に使える小物はバラエティー豊か。 

温度計 350円


「一番人気は温度計です。

定番商品では、イチョウの木のカッティングボードもおすすめです。

いちょうの木のカッティングボード800円、おちばのコースター300円


イチョウは八王子市の木でもあり、柔らかく、傷が付いても復元する性質があるので、まな板の素材に適しています。

また、作る過程で出た端材を利用して、クリップやコースターも作っています」

相良美恵子さん

ひのき工房
~動きのあるおもちゃが人気~


「お散歩シリーズ」は歩き始めの赤ちゃんから遊べるおもちゃ。

「クジラ」はオレンジのひもを引っ張ると、車輪が進み、後ろの波が上下に動く仕組みです。

左)お散歩シリーズ・クジラ 1,650円
右)カスタネット・ウサギ 700円


カスタネットは、犬や猫のほか、海の生きものバージョンもあります。

ウサギの耳飾りの花を1つ1つ違う色で塗り分けるなど、作る人も、手にする子どもも楽しい気持ちになるような工夫がされています。

「絵を描く、糸のこで木をカットする、組み立てる等、主な作業は利用者(障害のある人)が行っています。

メインの木材はヒノキで、ケヤキや桜の木も使っています。

お散歩シリーズは兄弟で8年間も使い続けてくれた方もいるようで、とても嬉しく思います」。

阿達昌昭さん

品質UPを目指して


木の特性を活かし、利用者ができる範囲で、楽しみながら作った木のおもちゃ。

ですが商品として提供するまでには販売店の厳しい検査を受け、時には作り直すことも。

こうした失敗と成功を繰り返しながらも、徐々に品質がUPしていくので、「やりがいがある」そうです。

3つの工房はそれぞれ得意とすることやデザインも異なるので、実際に手にして、その温もりを感じてみては。

【主な販売店】
◎道の駅八王子滝山
 電話/042-696-1201 
◎八王子市役所売店はっち
 電話/042-626-3111(代表)
◎かてかてショップ千人町
 電話/042-669-0340

【問い合わせ先】
◎ふきのとう/八王子市東浅川町625-5
 電話/042-667-4158
◎木馬工房/八王子市元本郷町3-17-13
 電話/042-624-3340
◎ひのき工房/八王子市元八王子2-1839-2
 電話/042-667-2158
トップに戻る