八王子特産のパッションフルーツを広めたい、大学生が洋菓子店と商品開発

慶應義塾大学の学生と八王子市内の洋菓子店が、八王子産のパッションフルーツを使ったチョコレート菓子を共同開発しました。


慶應義塾大学の学生と八王子市内の洋菓子店が、八王子産のパッションフルーツを使ったチョコレート菓子を共同開発しました。

バレンタインに向けて販売を開始、ホワイトデーにもピッタリな八王子らしい商品が出来上がりました。

八王子産パッションフルーツを使った「太陽の石 シトリン」


企画をしたのは同大商学部の牛島利明研究会「めぐるめ」プロジェクトのメンバー。

食に関する課題の発見・解決を目指すグループで、市内のパッションフルーツ農家である浜中俊夫さんとの出会いをきっかけに、地元でもまだよく知らない人が多い八王子産パッションフルーツの魅力発信や知名度向上のための取り組みとして、昨年夏過ぎから本格始動。

パッションフルーツ農家の浜中さん(右)


『生産者と消費者をつなぎ、サプライチェーンを新構築する』ことを目標に、イベント班と商品開発班に分かれ、それぞれの手段でパッションフルーツの普及に努めてきました。


地産地消にこだわる市内の洋菓子店ペール・ノエルの協力の下、11月から商品開発を進め、パッションフルーツの果汁を煮詰めて固めたジューシーなゼリー、パート・ド・フリュイと生チョコレートを組み合わせたコラボ商品「太陽の石 シトリン」280円が完成しました。


「“パッションフルーツのおいしさをもっと広めたい”という浜中さんの熱い思いに共感して、今回の企画を立ち上げました。

店頭では浜中さんへのインタビューやパッションフルーツの詳細情報などを盛り込んだオリジナル冊子もお配りしていますので、ぜひご来店ください」とメンバー。


同商品はペールノエル八王子みなみ野店、めじろ台店で、3月14日までの期間限定で販売中です。

ホワイトデーのプレゼントにいかが。

ペールノエル八王子みなみ野店
住所/東京都八王子市西片倉3−11−5

ペールノエルめじろ台店
住所/東京都八王子市めじろ台3丁目42−3
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る