(ワタシ的)プロ野球選手名鑑・秋山翔吾編「ウナギ、所沢からメジャーリーグへ」

不定期で(気ままに)更新のワタシ的プロ野球選手名鑑。今回紹介するのは「ウナギ」の愛称で親しまれる秋山翔吾選手。 文:ヒロインちゅみこ


不定期で(気ままに)このコラムを担当している野球好き女子の編集・ヒロインちゅみこです。

公平にと思いますが、セリーグびいきなのでそこは情報量と登場球団に偏りがありましたら……スミマセン!

<今回紹介するのは…>
所属:シンシナティ・レッズ
秋山翔吾(外野手)背番号:4


2019年、パリーグで2連覇を達成した埼玉西武ライオンズ。

そのライオンズからまた1人、メジャーリーガーが誕生しました。

センター・秋山翔吾選手です。愛称は「ウナギ」。

あのウナギイヌに似ているとライオンズファンにも公認され、グッズもあったとか。

メットライフドームになってもワタシは「「西武球場」という響きが心地良い世代です


自らは「ネガティブ志向なんで」と語るような彼ですが、2015年にはイチローを超えるヒット216本を打ち、シーズン最多安打記録保持者に。

そんな秋山選手をずっと「マークしていた」というレッズは年総額2100万ドル(約23億円)の大型契約を結びました。

しかも球団初の日本人選手で、大谷翔平選手に続き、「イッツショータイム!」(翔吾なので)と期待されています。

幼い頃の憧れの人・イチローを超えて、憧れの人が活躍した舞台へあがるとはどんな気分なのでしょう。


海の向こうには同級生のマー君やマエケンもいます。

ワタシだったら、新しい生活のことで頭がいっぱいですが、秋山選手はインタビューで「源田が心配」とライオンズの新キャプテンのことを気に掛けていました。

らしいな、と思いました。


「勝利を呼び込む風になれ。すべてを越えろ、秋山翔吾」

あの応援歌を歌うのが大好きでした。

寂しいけれど、秋山選手よ、日本を越えていけ〜。

関連記事

(ワタシ的)プロ野球選手名鑑「広島東洋カープ・鈴木誠也~荒川から架けろ、夢の赤い橋~」

共通 ライフスタイル
公開日:2020/02/29
1,771 view
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る