【相模原市立博物館】1964年の東京五輪頃の生活道具を紹介(2/24迄)

学習資料展「ちょっと昔のくらし 第18回東京オリンピックの頃」が、相模原市立博物館で2月24日まで開かれています。


学習資料展「ちょっと昔のくらし 第18回東京オリンピックの頃」が、相模原市立博物館で2月24日まで開かれています。


現代の子供達に“昔のくらし”を知ってもらおうと開かれる学習資料展。

今回は東京五輪開催にちなみ、1964年の第18回東京五輪の頃に使われていた生活道具を紹介します。

恒例の市民学芸員によるジオラマ制作では、当時の居間を再現。観覧無料。

2月16日午前10時〜午後4時はチャレンジ体験コーナーも。

割り箸鉄砲等昔の遊び体験他、各日紙芝居実演は午後0時半、ふるさといろはかるた大会は0時50分に開かれます。

イベント情報

イベント名学習資料展「ちょっと昔のくらし 第18回東京オリンピックの頃」
開催日 2019/11/01(金)〜2020/02/24(月)
時間 午前9時30分~午後5時
会場 相模原市立博物館
住所 神奈川県相模原市中央区高根3丁目1−15
料金観覧無料
問い合わせ042-750-8030
トップに戻る