埼玉のユニークなアートアクションが旧大宮図書館に集合!3月28日まで

さいたまアートアクション展2020が、旧大宮図書館で3月28日まで開催中です。


Sightama Art Action Exhibition 2020(さいたまアートアクション展2020)が、旧大宮図書館で3月28日まで開催中です。

3月14日〜5月17日に開かれる「さいたま国際芸術祭2020」に先駆け、12のグループが、「アートに参加する12 のヒント」をテーマに、楽しいアートアクションを展開。


「障がいのある人もない人もまぜこぜに」を合言葉に活動するクッキープロジェクトが、「キラキラデコッパ卓球台」を公開制作。

キラキラデコッパ卓球台


デコッパとは、同会が考案したユニバーサルスポーツプログラム。

デコレーションしたスリッパ(デコッパ)をラケットとして卓球のラリーを楽しむもの。

期間中、デコッパ体験ワークショップを展開します。


また、緑区のGallery Pep inオーナーでアートディレクターの小林優佳さんは「アートとの距離 アーティストとの距離を もっと身近に」として、リビングに見立てた場所で16人のアーティストの円形の作品を展示。

小林さん

「ギャラリーにある円窓のイメージで作品を作ってもらいました。

円だとSNS映えするポップな雰囲気にも」と小林さん。


手作りの看板に作品を展示して街に出る“サンドイッチアートマン”を展示するのが「アートの実験室」コシガヤアートポイント・ラボ。

「街の人たちの多くは作品に無関心。路上で作品をみせることは勇気がいるし、時に心が折れる。でも、ワクワクする」とメンバーの渡辺範久さん。

渡辺範久さん


街に出てユニークなマンホールや看板などのうんちくを楽しむのがさいたま路上観察学会。

「アートは心が動くもの。街の面白いものに日々心を動かされています」と、同学会の太田一穂さん。

このほかせせらぎコンサート、忍町アートギャラリー、Saitama Muse Forum、さいたまトリエンナーレハーモニー、アプリュス芝スタジオ、日本庭園協会埼玉県支部、JIA埼玉、芝浦工業大学システム理工学部環境システム学科が参加。

詳細はHPに。

イベント情報

イベント名さいたまアートアクション展2020
開催日 2020/01/25(土)〜2020/03/28(土)
会場 旧大宮図書館
住所 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2−1
URLhttps://art-sightama.jp/jp/news/uFoQeKPd/
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る