【埼玉】ロウバイ&梅を楽しむスポット3選―ライトアップやイベントも

心に安らぎをくれる花の香り。真冬に可憐で黄色い花を咲かせるロウバイと梅の名所で、早春を感じてみませんか。

心に安らぎをくれる花の香り。

真冬に可憐で黄色い花を咲かせるロウバイと梅の名所で、早春を感じてみませんか。

長瀞|長瀞宝登山の冬の花・ロウバイと梅を楽しむ

山頂に広がる香りに包まれて


「長瀞ロウバイまつり」が2月24日まで開催中です。

宝登山山頂のロウバイ園は、約1万5000㎡の敷地に約3000本ものロウバイが咲き乱れる名所。

今年は2月24日までの土・日曜、祝日の日没〜午後7時「ロウバイライトアップ」も実施。

昼間とはひと味違うロウバイを観賞できます。

今年初開催の「ロウバイライトアップ」、約100灯のLEDを使いライトアップします(提供=一般社団法人長瀞町観光協会)


梅の開花に合わせた「宝登山梅まつり」は2月22日〜3月15日に開催。

関東一品種の多い梅園として知られる宝登山山頂の梅百花園は、約170種類の名花や珍種を楽しむことができ、約470本の梅が咲き乱れると、かぐわしい香りが山頂に広がります。

アクセスは秩父鉄道「長瀞駅」からハイキングコース利用で徒歩80分、または「長瀞駅」徒歩20分、「山麓駅」から宝登山ロープウェイの利用を。

宝登山ロープウェイ
住所/埼玉県秩父郡長瀞町大字長瀞1766
問合せ/長瀞町観光協会
電話/0494-66-3311
>>同協会HPで開花状況も案内<<

越生|関東三大梅林の一つ「越生梅林」

1000本以上の梅が咲き誇る


越生梅林は関東三大梅林の一つ。

起源は1350年ごろ、九州大宰府から菅原道真公の霊を分祀したときに、梅園神社に植えられたのが始まりと伝えられています。

約2㌶ある園内には、白加賀、越生野梅など約1000本の梅が植えられていて、2月中旬〜3月下旬の開花時季を迎えると梅林周辺を含めて約2万本もの梅が咲き誇ります。

ミニSL


2月15日〜3月22日は「令和2年越生梅林梅まつり」を開催(開花状況により変更になる可能性あり)。

開園午前8時半〜午後4時。入園料300円(中学生以上)。

期間中の土、日曜、祝日には各種催し物やミニSLが運行します。

越生梅林
住所/埼玉県入間郡越生町大字堂山113
問合せ/越生町観光協会
電話/049-292-1451

大宮|大宮第二公園で40品種約500本の梅

2月22日〜3月16日に「梅まつり」


大宮第二公園では、5000㎡の梅林を含め、40品種約500本の梅が開花。

今季は12月下旬から紅梅が咲き始め、早咲きの白梅も1月から咲き始めています。

主な品種は「白加賀」「八重寒紅梅」「豊後」。

白梅の一種で花のがく片が薄緑色をした「緑萼梅」、花弁が退化して雄しべがむき出しの「茶筅梅」など珍しい梅も。


2月22日〜3月16日に「第36回梅まつり」を開催。

期間中「全国大陶器市」が同時開催のほか、フリーマーケット、梅林ガイドツアー、作品展、折り紙教室、押し花教室、コンサート、ふれあい動物園や移動水族館、茶会など土・日曜を中心にイベントも。

詳細は問い合わせを。

大宮第二公園
住所/埼玉県さいたま市大宮区寿能町2の405
電話/048-642-2228
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る