【川越】懐かしい道具が見られる「むかしの勉強・むかしの遊び展」3月1日まで

川越市立博物館では、3月1日まで「第30回むかしの勉強・むかしの遊び展」を開催中です。


川越市立博物館では、3月1日まで「第30回むかしの勉強・むかしの遊び展」を開催中です。

昔の暮らし


この展示では、「鉄道交通が盛んになるころ」、「自動車交通が盛んになるころ」と大きく2つの時代に分けて、生活の道具や楽しく学んだ学校生活、遊びの様子を通して昔の暮らしを紹介しています。


2月9日は「第6回なつかしい昭和の自動車展」も開催。

懐かしいオート三輪が同館に集結します。

オート三輪


また、2月15、22日は午前10時〜11時45分(午前の部)、午後1時半〜3時15分(午後の部)に博物館体験学習室で「子ども体験教室 昔の道具を使ってみよう」が開催されます。

昔の生活道具、石うす、洗濯板、炭火アイロン、足踏みミシンなどを体験できます。

小、中学生無料(高校生以上は別途入館料がかかります)。

問い合わせは、同館へ。

イベント情報

イベント名むかしの勉強・むかしの遊び展
開催日 2020/01/31(金)〜2020/03/01(日)
時間 午前9時〜午後5時(入館は4時半まで)
会場 川越市立博物館
住所 埼玉県川越市郭町2の30の1
料金入館料一般200円、大学・高校生100円、小・中学生は無料
問い合わせ049-222-5399
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る