【川越】3月15日まで「平山郁夫展 シルクロードとガンダーラ美術」川越市立美術館

川越市立美術館で、1月25日〜3月15日、「平山郁夫展 シルクロードとガンダーラ美術」が開催されます。


川越市立美術館で、1月25日〜3月15日、「平山郁夫展 シルクロードとガンダーラ美術」が開催されます。

《シルクロード行くキャラバン 東・太陽》2005年 平山郁夫シルクロード美術館所蔵


戦後を代表する日本画家・平山郁夫の作品展。

平山の重要なテーマである「シルクロード」。

シルクロードに足を踏み入れて以来、40年以上に渡って取材を重ね壮大な風景とそこに生きる人々を描き続けました。


本展では、平山郁夫シルクロード美術館が所蔵する作品群の中から、ユーラシア各地や美しい日本の風景を描いた代表的な日本画と素描作品の数々を紹介。

あわせて、彼の文化財保護活動の所産である貴重なコレクションから「釈尊伝」を中心とするガンダーラ美術を一堂に展示します。

イベント情報

イベント名平山郁夫展 シルクロードとガンダーラ美術
開催日 2020/01/25(土)〜2020/03/15(日)
時間 午前9時〜午後5時(入館4時半)
会場 川越市立美術館
住所 埼玉県川越市郭町2の30の1
料金大人600円、高校・大学生300円、中学生以下無料
備考月曜休館(ただし、2月24日は開館、2月25日は休館)
問い合わせ049-228-8080
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る