【桶川】2月3日は節分会、迫力の護摩焚きで願いを届ける「採燈大護摩供」

「山伏の寺」として信仰を集める本山修験宗・本学院では、2月3日午後4時半から人々の幸いを願う「節分会」が執り行われます。


季節の分かれ目である節分は邪気が入りやすいと考えられ、各地でさまざまな邪気祓(はら)いの行事が行われます。

「山伏の寺」として信仰を集める本山修験宗・本学院では、2月3日午後4時半から人々の幸いを願う「節分会」が執り行われます。

「採燈大護摩供」の様子


開祖を平家一門の武将齋藤別當實盛の末裔・栄祐法印、本尊を不動明王とする本学院。

本山は京都の聖護院門跡で、山門幕には聖護院の寺紋である菊法螺(きくぼら)が使われています。

山門をくぐると本尊をまつる本堂をはじめ護摩堂、行者堂、弁天堂、観音堂、稲荷堂などがある広い境内に、静ひつな空気が漂います。

普段は静かな境内が年中行事の時にはにぎわいを見せます。


なかでも、ひときわ多くの人でいっぱいになるのが節分会。

まずは、各地から10人以上の山伏が集まり午後4時半に山門に整列。

山伏の整列


服装、作法などの意味について問答し、行者が護摩に参列する資格をただす「山伏問答」が行われます。

「山伏問答」の様子


見ごたえ、聞きごたえのある問答は「勧進帳の名場面の原型ともいわれる作法です」と副住職の齋藤仁寿(じんじゅ)さん。

その後、身にまとった罪やけがれをはらい清める修祓(しゅばつ)、結界内をはらい清める法弓(ほうきゅう)作法、心の中の魔をはらう法剣(ほうけん)作法、護摩に使われる檀木(だんぼく)を清める法斧(ほうふ)作法が行われ、入火。

「採燈大護摩供」が始まります。

「採燈大護摩供」の様子


燃え盛る大きな檀は迫力にあふれ「皆様の願いを本尊不動明王にお届けします」と齋藤さん。

さらに本堂の中でも護摩を焚き(先着200人)、最後に山伏や年男が福豆や菓子を勢いよくまきます。


当たりくじ付きの福豆を手にした人は、信者の奉納した雑貨などがもらえ、みんなが楽しく盛り上がるひととき。

新年のお宝探し、運試しができます。

イベント情報

イベント名節分会
開催日 2020/02/03(月)
時間 午後4時半から
会場 本山修験宗・本学院
住所 埼玉県桶川市坂田1590
問い合わせ048-728-2895
トップに戻る