【さいたま】1月22、29日に県庁第1食堂で「県産豚肉応援メニュー」を提供

埼玉県は、豚の伝染病CFS発生による風評被害の防止と県産豚肉の一層の消費拡大を目指して「県産豚肉消費拡大“とこ豚キャンペーン”」を展開。1月は県庁第1食堂で県産豚肉応援メニューを提供します。


埼玉県は、豚の伝染病CFS(豚コレラ)発生による風評被害の防止と県産豚肉の一層の消費拡大を目指して「県産豚肉消費拡大“とこ豚キャンペーン”」を展開しています。


第1弾として昨年12月18日、県庁の職員食堂で秩父産の豚肉を使用したスペシャル定食「豚ロース生姜焼き」を提供。

大野元裕知事も定食を食べ、「豚そのものの甘さが感じられ、脂の部分も味が濃く、おいしかった。埼玉県の豚肉を皆さんにも食べていただきたい」と話しPRに努めました。


1月は県庁第1食堂で県産豚肉応援メニューを提供します。

22日に県産豚肉使用生姜焼き定食。
29日に県産豚肉使用ロース丼。

県庁第1食堂
住所/埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目15−1
問合せ/農林部畜産安全課
電話/048-830-4193
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る