「無理せず豊かに」簡単スープのすすめ、豆乳シチューのレシピも紹介

2011年から毎朝レシピを変え、スープ作りを続けるさいたま市在住のスープ作家有賀薫さんにお話をお話し聞きました。

2011年から毎朝レシピを変え、スープ作りを続けるさいたま市在住のスープ作家有賀薫(ありが・かおる)さん。

寒い朝、忙しい毎日でも「スープが優しく一役買ってくれる」と話します。

有賀さんインタビュー

スープ作家有賀薫(ありが・かおる)さん

スープが生活を楽にしてくれる


―活動のきっかけは


大学受験を控えた息子が朝なかなか起きられず、温かいスープを出してみたところ、すんなり起きてくるようになったんです。

これはいいぞ、と毎日のスープ作りがスタート。

その後SNSでスープ写真と調理法の発信を始め、2013年に1年分のスープ写真を展示した『スープ・カレンダー展』を開きました。

スープ作家としての活動が本格化してゆく一方で、味や具材の調整がしやすく、いつでも作り立てを出せるスープは、忙しい日常を助けてくれることにも気が付きました。そのことを発信できればより良いのでは、と。

―種類豊富なスープ作りは難しい?


野菜の切り方や、使う油、だしの種類を変えるだけでも味に変化が生まれます。

誰でも簡単に、スーパーで手に入るシンプルな材料で無理せずバリエーション豊かに楽しめます。

少しの時間と工夫で豊かに


―スープ作りのこつは


おすすめはやはり旬の食材を使うこと。

冬はナガネギ、ブロッコリーなどや根菜類。

お弁当には、スープジャーを活用すれば時間を味方につけられます。

「朝10分でできる」と聞くと時短料理に思われがちですが、実際は煮込み時間をスープジャーの保温調理で補っている長時間料理。

先に炒めたり、蒸し煮したりと少しの工夫を加えることで、野菜のかさを減らしてたっぷりと使えるほか、うまみもぐっと引き出されます。

<レシピ>かぼちゃと鶏肉の豆乳シチュー


【材料】1人分/ジャー300㎖
・かぼちゃ(種とわたを取る) 100g
・鶏むね肉 60g
・豆乳 150㎖
・サラダ油 小さじ2
・塩 小さじ1/3

【作り方】
①かぼちゃは2㎝角に切る。鶏肉も同じ大きさくらいに切る。
②鍋にかぼちゃ、鶏肉、油、水100㎖を入れて中火にかけ、ふたをして3~4分蒸し煮する。
③ふたを開け、豆乳と塩を加えて温め、沸騰(ふっとう)する直前に火を止めてジャーに移す。

『朝10分でできる スープ弁当』

有賀さんの最新刊。
スープジャーの特性「保温調理」を生かし、シンプルな調理法で旬の野菜を存分に楽しめるレシピを紹介。
2019年10月24日発売。マガジンハウス発行。

トップに戻る