「秩父三大氷柱」美しい氷の世界を堪能、見どころ3選 ※暖冬のため事前にHPで確認を

秩父を代表する冬の観光スポットといえば、氷柱めぐり。真冬が生み出す美しい氷の世界を堪能できる「秩父三大氷柱」を訪れてみませんか。※暖冬による影響のため、事前にHPで最新の開催情報の確認を

秩父を代表する冬の観光スポットといえば、氷柱めぐり。

真冬が生み出す美しい氷の世界を堪能できる「秩父三大氷柱」を訪れてみませんか。

※暖冬の影響により、一時閉園中です。事前に確認を。

2月24日まで「三十槌の氷柱」
奥秩父の冬の絶景・天然の氷柱


奥秩父の名勝「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」を2月24日まで見学できます。

秩父大滝地区の厳しい寒さの中、岩清水が山肌を流れ落ちて出来上がる“氷のオブジェ”は、最大幅約30m、高さ約8mにも成長。

天然の氷柱が生み出す奥秩父の冬の絶景が楽しめます。

光と氷の芸術「三十槌の氷柱」


さらに2月16日まで、ライトアップを実施

光と氷の芸術が迎えてくれます。

平日午後5時〜7時、土・日曜、祝日は午後9時まで(天候及び気候により期間・ライトアップ時間が変更になる場合あり)。

環境整備協力金200円(中学生以上)。

交通は秩父鉄道「三峰口駅」から西武観光バス利用。

ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場
電話/0494-55-0500
槌打キャンプ場
電話/0494-55-0137

>>「三十槌の氷柱」の最新情報はこちら<<

2月24日まで「あしがくぼの氷柱」
電車で行ける幻想空間


「あしがくぼの氷柱」が2月24日まで開催されています。

山の傾斜を利用して沢水をまいたもので、地元の人たちの手により造り出される幅200m、高さ30mの大きな氷柱をさまざまな角度から見ることができます。

幻想的な氷の世界「あしがくぼの氷柱」


開催時間は月〜木曜午前9時〜午後4時、金・土・日曜・祝日は午後8時まで(氷や天候の状況により閉鎖する場合も)。

また金・土・日曜・祝日には、日没から午後8時までライトアップも。

昼間とはひと味違う幻想的な風景が広がります。

環境整備協力金300円(中学生以上)。

交通は西武秩父線「芦ヶ久保駅」から徒歩約10分。

横瀬町ブコーさん観光案内所
電話/0494-25-0450

>>HPでは氷柱の詳細を案内中<<

3月1日まで「尾ノ内百景氷柱」
吊り橋から望む圧巻の景色


「尾ノ内百景氷柱」が3月1日まで、見学できます。

両神山を源流とした尾ノ内沢から、500mもパイプを引いて人工的に作った氷柱。

その規模は周囲約250m、高さ60mにも及び、吊り橋から望む巨大な氷柱は圧巻と評判。

小鹿野を代表する冬の観光スポット「尾ノ内百景氷柱」


期間中、甘酒無料サービスも行われます。

見学時間は午前8時〜午後4時(天候や周辺状況により変更、中止の場合も)。


また1月25日〜2月22日の毎週土曜、日没から午後8時まで「エコプロジェクトライトアップ」を実施。

光が織り成す氷柱と吊り橋とのコラボレーションによる神秘的な世界が楽しめます。

環境整備協力金200円(中学生以上)。

交通は西武秩父線「西武秩父駅」から西武観光バス利用。

小鹿野町おもてなし課
電話/0494-79-1100

>>「尾ノ内百景氷柱」の最新情報はこちら<<
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る