【町田】誰もが楽しめる音楽を、1·2月には公演やコンサートも

〝SクラスのSounds(音)〞を届けたいと自らプロデュースするコンサートを開き、演奏も行う地元在住のピアニストがいます。音楽を楽しんでもらおうと、クラシックの枠にとらわれず、新しい試みを常に取り入れたコンサートは、4周年を迎えます。


“SクラスのSounds(音)”を届けたいと自らプロデュースするコンサートを開き、演奏も行う地元在住のピアニストがいます。

音楽を楽しんでもらおうと、クラシックの枠にとらわれず、新しい試みを常に取り入れたコンサートは、4周年を迎えます。

町田在住のピアニスト水野沙織さん

ピアニストの水野沙織さんは、7歳から町田に在住。

ピアノを本格的に学んだのは日本大学芸術学部音楽学科ピアノコース入学後で、他の学生より遅れを感じ、ピアノ曲を1日100曲聴くことを自らに課し、多種多様な曲の楽譜を読みました。


2007年、出張演奏や音楽制作・イベント企画等の事務所、ぴあのオフィスの代表に。

2016年にピアノ、トランペット、ヴァイオリンでの公演“Sプロジェクト”を開始します。

この三楽器の編成の演奏形態は、あまり見られないものでした。

昨年9月の音楽劇「サウンド・オブ・ミュージック」では映画に登場の人形劇をプロジェクションマッピングで投影


公演でのピアノ演奏、選曲や編曲はもちろん、衣装、演出も水野さんが担当。

舞台に楽曲をイメージした映像を投影するプロジェクションマッピングは、鑑賞したバレエの舞台をヒントに、音楽の世界観に入れるよう始めたもの。

昨年12月のクリスマス公演ではバックにツリーを投影


0歳から楽しめる“Sプロジェクトキッズ”は3月で3周年に。

飽きないよう短い曲を次々に演奏し、手遊びやダンスの時間も。

乳児が多く泣き声も聞こえますが「幼いながらも音楽を楽しもうとする姿に刺激される」とのこと。


三味線や和太鼓等、邦楽器演奏者との和と洋のコラボレーション公演では、あえてクィーンやABBA等の洋楽を演奏。

70代も多いという本公演ではクラシック曲をロック調にアレンジする一方で「夜空のトランペット」や懐かしい映画音楽等も。

「気分転換にぜひ一度生演奏のコンサートを」と水野さん。

今後は「地元企業等と連携し、地域貢献に音楽の力で役立てれば」と話します。

1月に和× 洋公演、2月はキッズコンサート


相模女子大学グリーンホールで1月24日午後1時半から、和太鼓、津軽三味線、トランペット、ピアノの“和× 洋”公演を開催。

ニューイヤーコンサートでおなじみのヨハン・シュトラウス2世「トリッチ・トラッチ・ポルカ」等を披露します。


2月1日は、豆代わりの“お菓子まき”が好評のキッズコンサートも。

キッズ公演のキッチンコーナーではコック姿になって演奏も

Sプロジェクト演奏曲CD20人にプレゼント


公演での演奏曲等を収録した“Sプロジェクト”2019年版クリスマスソングCDを読者20人にプレゼント。

氏名・住所・電話番号を明記、〒194・0013町田市原町田4の19の18ショッパー社「CDプレゼント」宛にはがきで応募を。

1月31日必着、当選者は電話連絡後に来社を。

【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る