【町田】1月18日・19日に秋田県の特産品がそろう「仙北市物産展」

秋田県仙北市の農産物や特産品がそろう、観光PRを目的にした冬期初となるイベント、秋田県仙北市物産展「山の楽市in町田」が1月18日・19日午前10時~午後6時に原町田中央通りぽっぽ町田の屋外特設会場で開かれます。


全国の物産展が注目され、都内にも物産館ができる等、地方の珍しい物産品が買い求めやすくなっているこの頃。

秋田県仙北市の農産物や特産品がそろう、観光PRを目的にした冬期初となるイベント、秋田県仙北市物産展「山の楽市in町田」が1月18日・19日午前10時~午後6時に原町田中央通りぽっぽ町田の屋外特設会場で開かれます。

ほっぽ町田屋外広場ピロティで旗を立てブースをつくり物産品を対面販売

“美の国あきた”と称する秋田県は国重要無形民俗文化財が16件と全国一で、男鹿半島のなまはげが代表的。

また仙北市の角館、田沢湖、西木の3つのエリアには温泉や観光地があり、四季ごとの美しさが魅力的なスポットです。 


町田では3回目の物産展となりますが、冬期開催は今回が初めてで8店舗が出店します。

屋内でも味噌やしょう油、地酒等、物産品をコーナーで紹介


仙北地域の豊かな自然環境を活かして生産された米「あきたこまち」や古代米の他、この土地ならではの農産物がいろいろ。

米どころならではの、たっぷりの麹を使った味や香りにこだわる米味噌が特産品。

角館納豆もあります。 

郷土の味覚の代表としては「稲庭うどん」も。 


八幡平の自然の恵みと香り高いはちみつは種類もいろいろ用意。 

地元から担当者が来店し、商品についての詳しい説明や質問に対応も


地元の有機米や清水を使った地酒等が、各種そろいます。 


秋田名物のきりたんぽが入り比内地鶏からだしをとったスープの本格的な味わいのきりたんぽ鍋も販売。 

秋大根を天井から吊るして薫製にしてから、米麹や塩をたっぷり使って漬け込み、熟成させた漬物「いぶりがっこ」も有名です。 

その他、季節の野菜や果物、山菜や木の実等を販売予定。 


また、当日は男鹿半島の年中行事「なまはげ」が会場に登場します。

一緒に記念撮影も可。 


1店舗につき1,000円以上の買い物をすると、ガラポン抽選券を配布。

仙北市温泉郷へのペア旅行券や特産品等の賞品が当たる抽選会を行います。

イベント情報

イベント名秋田県仙北市物産展
開催日 2020/01/18(土)〜2020/01/19(日)
時間 午前10時~午後6時
会場 ぽっぽ町田
住所 東京都町田市原町田4丁目10−20
問い合わせ0187-54-2304(仙北市商工会角館本所)
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る