神社参拝の素朴なQ&A~初詣に役立つ豆知識

新しい年の始まりに、神社へ初詣を恒例にしている人もいるのでは。参拝はよくしていても、まだまだ知らないこともありそうです。そこで近隣の神社の宮司さんに疑問に答えてもらいました。

新しい年の始まりに、神社へ初詣を恒例にしている人もいるのでは。

参拝はよくしていても、まだまだ知らないこともありそうです。

そこで近隣の神社の宮司さんに疑問に答えてもらいました。

知識を深め、気持ちも新たにお参りができそうです。

Q.絵馬にはどんな意味がありますか

今年の干支の絵馬


A.その昔は本物の馬を奉納していたことに起源があるようです。

現在は願い事や神様への感謝を板状の絵馬に書いて納めます。

時期に決まりはありません。

願いが成就したら、絵馬にお礼を書いて納める他、「お礼参りの祈祷(きとう)」も。

菅原神社では年末にその年の絵馬を集め、どんど焼きの日に「お焚き上げ」を行います。

完成間近の巨大絵馬
宮司 池田豊彦さん

トピックス 
同神社では干支、学業成就、七五三等の絵馬が各種。
12月31日に恒例となる約250 ×360㎝の巨大絵馬が登場しました。
1月14日には、どんど焼きを実施します。

菅原神社
住所/東京都町田市本町田802
電話/042-725-3991

Q.破魔矢はどのような意味がありますか

受験生には学業神矢も


A.元は上棟式で鬼門に向けて飾られた弓矢や男児の誕生祝いに贈られた破魔弓が発祥です。

災い(鬼)がやってくるといわれる鬼門、丑寅=北東に向けることで災難除けになるとして正月に頒布されるようになったようです。

古いものは、どんど焼きでたいて新年に新しいものを受けて飾るのが良いでしょう。

宮司 池田泉さん

トピックス
同社では、神矢(しんや)、長めの鏑矢(かぶらや)を頒布。
学業の神様、菅原道真公をまつっていることから、志望校を射止めるという意味の「学業神矢」もあります。
1月14 日はどんど焼き。

町田天満宮
住所/東京都町田市原町田1-21-5
電話/042-722-2325

Q.今年の1月1日・赤口の意味を教えてください。初詣に出掛けても良い日ですか

A.赤口とは中国の暦を基にする思想で、その日の日時・方位等の吉凶や運勢等を定める六曜の1つ。

午前11時〜午後1時のみ吉といわれています。

「日本の神事に関しては、あまり気にしなくてもよいのでは」と黒木さん。

宮司 黒木亀(すすむ)さん

トピックス
同社と兼務神社である多摩市の乞田八幡神社と山神社の3社の御朱印を受けることができます。
1枚300円。
13日午前10時から締め飾りやお守りをたき上げる「どんど焼き」。
団子をあぶり、無病息災を願いながら頂きます。
参拝者に豚汁を配布。
御朱印帳をつくるワークショップが、1月26日午後1〜午後4時に開かれます。自分の好きな布を持参して世界で一つだけの御朱印帳を作ります。
参加費3,500円。
出来上がった御朱印帳は神社でおはらいをして渡します。

好きな柄の布地を使いオリジナル御朱印帳を作成するワークショップ
母智丘(もちお)神社
住所/東京都町田市原町田5-12-11
電話/042-722-5436

Q.お守りはずっと持っているものですか

鈴の形になった猫や犬の顔がキュートなペット御守


A.字のごとくその人を災いから守っているものなので、受けてから1年を目安に神社に返します。

納札所を設けているところへ戻してたき上げてもらいます。

遠方から受けたものは戻すのが難しいので近くの神社でも問題ありません。

トピックス
1月末まで、干支のねずみの絵柄が入った御朱印を頒布。
さらに天然石をサークル状にした「ご円のお守り」が8種できました。
ペットのお参りができる伊奴寝子社もまつる同社では、犬、猫それぞれの形の鈴のお守りも登場。
首輪やリードに付けられます。

宮司 山本俊昭さん
座間神社
住所/神奈川県座間市座間1-3437
電話/046-251-0245
トップに戻る