令和最初の初詣は髙尾山薬王院へ!正月限定の御護摩札や縁起物を手に入れよう

新元号「令和」になって初めてお正月を迎える2020年。初詣は厄除け・開運などのご利益があり、毎年300万人の参拝者が訪れる人気の寺「髙尾山薬王院」でお詣りしませんか。

毎年300万人の参拝者が訪れる人気の寺


新元号「令和」になって初めてお正月を迎える2020年。

初詣は厄除け・開運などのご利益がある髙尾山薬王院でお詣りしませんか。

参拝の後は山頂を目指してご来光を拝むのもいいですね。

薬王院の境内から見る初日の出に、願い事や新年の決意を祈りましょう。

関東三大本山の一つ髙尾山薬王院


「髙尾山薬王院」は、天平16年(744年)に開山された寺院で、「成田山新勝寺」「川崎大師平間寺」とともに真言宗智山派の関東三大本山として広く知られています。

御本尊は「飯縄大権現(いづなだいごんげん)」。

古より天狗の住む山といわれていたことから、境内の至るところに天狗が祀られています。

髙尾山の中腹に位置する薬王院本堂、毎年初詣に多くの人が訪れます

諸願成就や縁結びなどパワースポットの数々


諸願成就、厄除け、開運、商売繁昌など、さまざまなご利益が得られる髙尾山薬王院とその周辺には人気のパワースポットが点在。

パワースポットの1つ「男坂」、階段の段数は人の持つ煩悩の数と同じ108段。一歩一歩、煩悩を振り払って上ります


石車を回して心身を浄める「六根清浄石車(ろっこんしょうじょういしぐるま)」、

六根清浄石車(ろっこんしょうじょういしぐるま)、山内に18カ所あるので探して回そう


願いを念じながらくぐると叶うといわれている「願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)」、お金を洗って金運・商売運アップの「八大龍王堂」、縁結び・良縁成就の「愛染堂(あいぜんどう)」や「俱利伽羅龍(くりからりゅう)」など、境内をゆっくり回りながら初詣&ご利益めぐりもお勧めです。

境内にある願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)、願いが叶うように念じながらくぐり抜け、大錫杖(だいしゃくじょう)を打ち鳴らします

令和初・正月限定の新春特別祈祷札や縁起物も


大本堂では12月31日~元日に「二年参り」。

元日午前0時から、新春特別開帳大護摩供が執り行われます。

新年初の御護摩修行は、除夜の鐘とともに大導師による護摩の炎が燃え上がり、読経の響く中、一年の無病息災、家内安全を祈願(御護摩料3,000円から)。

御護摩修行の様子


また正月期間(2020年1月1日~31日)の限定で、令和を記念した初の赤いお札「令和新春特別祈祷札」も授与されます(祈祷料1体3万円。除災開運のみ)。

正月限定で授与される令和初の「新春特別祈祷札」(赤札)


高尾山頂で初日の出を拝む年中行事「迎光祭」は午前6時半頃から行われ、晴れた日には霊峰富士を眺めることもでき、多くの参詣者、登山者でにぎわいます(入山規制がある場合も)。

初日の出に合わせて一年の安全を祈願する迎光祭


お参りを済ませたら、天狗うちわ、金の天狗うちわ、熊手、福箕(ふくみ)、破魔矢・破魔弓など、正月限定の縁起物をいただいて帰りましょう。

新しいお守り「にぎり仏」は諸願成就と病気平癒の2種類(各1,500円)


参拝の記念に御朱印もお忘れなく。

参拝の証としてもらいたい御朱印(朱印料300円)


大晦日は、JR線・京王線・ケーブルカー等は終夜運転します。

髙尾山薬王院へのアクセス
高尾山は東京・八王子市にある標高599mの山で、都心からのアクセスもよく、世界で一番登山者が多い山とも言われています。
髙尾山薬王院はその中腹にあり、ケーブルカーやリフトを使って一気に上ればラクラク。
【京王線・高尾山口駅下車徒歩3分、清滝駅で高尾登山電鉄ケーブルカーまたはリフトに乗車。下車徒歩約20分】

大本山髙尾山薬王院
住所/東京都八王子市高尾町2177
電話/042-661-1115(代表)
トップに戻る