【町田・相模原】着物を気軽に楽しめるお店3選、着回しやアクセントをつけるコツも

日本の伝統的衣装の着物は、着るのが難しいと思われがちですが、選び方、着こなし方で気軽に楽しく着られるかも。素敵に着る方法を町田、相模原の着物専門店に聞きました。

日本の伝統的衣装の着物は、着るのが難しいと思われがち。

選び方、着こなし方を聞けば気軽に楽しく着られるかもしれません。

素敵に着る方法を町田、相模原の着物専門店に聞きました。

年末年始は着物で出掛けませんか。

相模原市

<中央区相模原>きもの濱田屋相模原店

洋服感覚で着こなす

写真右は大判のシルクストールをおしゃれに巻き、お召の着物でお出かけスタイル


お出掛け用お召(写真中央)は、モダンな柄と青系の色目なので洋服感覚で着こなせます 。

お召は軽くてしわになりにくい特徴があり、通年通して人気。

さらに帯揚げやブローチ風の帯留めでファッショナブルに演出。

若い人達には、無地の着物に帯やバッグで遊ぶ着こなしが好まれているようです。


男性用着物の需要も少しずつ増えており、羽織を着物と別柄で合わせ、丈が長めの傾向も(写真左)。

同店は市内で25年以上営業を続ける呉服店で、充実した男性着物や各種着物販売、成人式用着物や七五三、卒業式用はかまのレンタルも受け付け。

きもの濱田屋相模原店
住所/神奈川県相模原市中央区相模原1の3の4
電話/042-751-5291

町田市

<成瀬が丘>リサイクル着物専門店きらく屋

グラデーションの小紋でフォーマルも可能に


店名と同じく、気楽に着る着物がコンセプトの同店。

ちょっとした外出から披露宴にも着られる小紋を紹介。

着物の柄と帯の柄が、シンプルな帯締めで統一感を出す面白さ


しぼが荒い鬼ちりめんで、裾に向かって紫色が濃くなるグラデーションの上品な小紋と、小粋な柄の帯を合わせて少しカジュアルに見せ、白地の帯締めで引き締めるのがポイント。

「柄と柄の組み合わせを楽しんで」と代表。

白や銀等、薄い色に帯を替えると一気にフォーマルな装いに変化します。

「着たことがない人は、小紋やつむぎから挑戦してみては」。

昔のものと今のものが同時にそろうのも同店の魅力です。

「宝探し感覚でお気に入りを見つけてください」。

リサイクル着物専門店きらく屋
住所/東京都町田市成瀬が丘2の31の13
電話/042-795-7780

<成瀬が丘>きもの倶楽部

小物でおしゃれにアレンジ


「着こなしはトータルバランスが大切。小物との組み合わせで、さまざまな楽しみ方ができます」と中本店長。

おしゃれ着のお召に金色入りつづれ帯、ブルー系帯揚げで若々しさを演出


店内にはサンタクロースやツリー柄の帯や、Xマスカラーの帯締め、お正月向けだるま柄等の縁起物の帯といった季節限定でおしゃれが楽しめる小物がいろいろ。

立ち雛柄の大島紬(つむぎ)といった着物もあります。

同店では大島紬、牛首紬、久米島紬等や、作家物といった新古着物をはじめ、おしゃれな八寸帯や帯締め、草履等の和装小物も各種。

着物や帯、小物等の買い取り対応も。今月の営業は28日まで。

きもの倶楽部
住所/東京都町田市成瀬が丘1の29の2
電話/042-795-7899

関連記事

【川越】初詣は着物で出かけよう!1月18日に「きもので初詣」を開催

埼玉県川越市 イベントおでかけ
公開日:2019/12/23
1,021 view
トップに戻る