【彩の国★パラアスリート】車いすバスケ 大舘秀雄さん

2020年東京パラリンピック大会で活躍が期待される、
埼玉県ゆかりのアスリートを紹介します。

2020年東京パラリンピック大会で活躍が期待される、埼玉県ゆかりのアスリートをご紹介。
今回は車いすラグビー選手の「大舘 秀雄(おおだち ひでお)」さんにお話を伺いました。

少しずつ「できる」が増えてゆく経験

19歳の時に交通事故で左足を切断し、初めは一人で起き上がることも困難だったと言います。

「リハビリ中に埼玉ライオンズの練習を見たことが、車いすバスケとの出合い。チーム現代表の森田から誘われて、次の日から練習に参加。競技生活がスタートしました」と大舘さん。

選手たちの障害の重さはさまざまで、健常者も一緒にコートに立つことができるこの競技について、「そこが難しくもあり、面白い部分。チーム内でも良い刺激になっていますよ」

圧巻の熱量と迫力で観客を魅了

地元でトレーニングをしていると、見ず知らずの人からも「応援しているよ」と声を掛けられるという大舘さん。

埼玉の魅力を尋ねると、「自然豊かで伸び伸びと生活ができる。けがをした時、リハビリに力を入れている病院が県内にあり、とても頼りになりました」と話します。


あらためて競技の魅力は、「車いすに乗れば誰でもチャレンジできる意外と身近なスポーツ。一方で、日常では感じられない激しく迫力のある熱量に引き込まれると思います。一度会場に足を運んでみて、興味を持ってもらえたらいいな」と笑顔で話しています。

【車いすバスケ】
大舘 秀雄(おおだち ひでお)さん
1988年生まれ。
2009年から埼玉ライオンズに所属。天皇杯第47回日本車いすバスケットボール選手権大会準優勝。
所沢市在住。

関連記事

【彩の国★パラアスリート】車いすラグビー 倉橋香衣さん 

埼玉県 ニュース
公開日:2019/12/27
1,011 view
トップに戻る