八王子オリジナル食育ソング『いただきます』 誕生!フラチナリズム提供、1月にはPVも

子ども達に、食べることの大切さと、食べられることへの感謝の気持ちを持ち続けてほしい。そんな思いを込めた八王子オリジナルの食育ソング『いただきます』がこの秋、誕生しました。


子ども達に、食べることの大切さと、食べられることへの感謝の気持ちを持ち続けてほしい。

そんな思いを込めた八王子オリジナルの食育ソング『いただきます』がこの秋、誕生しました。

市内の小・中学校などにCDを配布。食育教材として活用されています。

“いただきます”の前に“ありがとう”の気持ちを


食育ソング『いただきます』は、八王子市の依頼を受け、同市を拠点に活躍するバンド・フラチナリズムが制作。

「食べ物を自分の大切な人に見立てて、愛しむような雰囲気で、大人も楽しめるような曲に」という市のリクエストに応じ、メッセージ性のある歌詞と明るく、ポップな曲調が印象的な楽曲です。

八王子市観光PR特使・フラチナリズム


「“いただきます”の前に“ありがとう”というフレーズをどうしても入れたかった」と話すのは、作詞作曲したモリナオフミさん(ボーカル)。

「自分たちが“いただきます”を言うまでに、調理してくれた人がいて、材料を生産してくれた人がいて、大地の恵みや動物の命をいただいているということに感謝することを忘れないでほしい」と。

家庭の事情で、学校給食の1食のみで一日を食いつないでいた自身の少年時代を振り返り、「毎日3食食べられることは、当たり前ではないことにも気づいてもらえたら」と話します。

楽曲は無償提供、学校等へCD配布


「教材として活用し、たくさんの人に聞いてもらいたい」と、楽曲の著作権を市に無償提供。

市では、CD500枚を作成し、市内の保育・幼稚園、小・中学校やこども食堂などに順次配布。

「配膳の時間や食事中のBGM、食育の日(毎月19日)に絡めてどんどん活用してもらいたい」(市教育委員会学校教育部)としています。

CDは一般発売しておらず、市のHPから視聴可能です。

八王子市長を表敬訪問し完成を報告


さらに、プロモーションビデオ(PV)も制作中。

歌詞に共感した地元の子育て応援企業の有志が協賛し、制作が実現するもので、高月町の田園風景など市内を舞台に撮影。

来年1月に完成し、公開する予定です。

「楽曲には、大人になっても忘れてほしくないメッセージを込めてあります。

いつの間にか口ずさんで、記憶に残ってくれれば」とモリさん。

楽曲の詳細は市のHP、ライブなどの詳細は、フラチナリズムのHPへ。

いただきます
(作詞・作曲 フラチナリズム)

当たり前のように毎日を過ごす 生まれてずっと
当たり前のように寝て起きて食べて 生きている

『僕らは命の上に立っている』

当たり前のことなんてないさ
一つもないし 二つもないから
僕らは両手を合わせて
ありがとう いただきます
声に出して届けよう

今日誰かと笑えても 明日君がいなければ
立ち上がれない 元気が出ない
いつもそばにいてくれて

ありがとう いただきます
心から伝えさせて
ずっと大切にするから
これからもずっとそばにいて
(抜粋)

フラチナリズム
2012年結成。
メンバーは、モリナオフミさん(ボーカル)、田村優太さん(ギター)、タケウチカズヒロさん(ベース)、都築聡二さん(ドラム)の4人。
『八王子ロマン地下』(2016年閉店)での“流し”の活動が話題を呼び、人気に。
2015年にメジャーデビュー。
2016年からは、八王子観光PR特使に就任。八王子を盛り上げる活動に精力的に取り組んでいる

ライブ情報(入場無料)
フラチナリズムワンマンライブ
  &‐and‐FINAL「YOU&I」
日程:2020 年1月18日(土)
会場:オリンパスホール八王子(子安町4-7-1)
開演:午後6 時(開場5 時)

イベント情報

イベント名フラチナリズムワンマンライブ &‐and‐FINAL「YOU&I」
開催日 2020/01/18(土)
時間 午後6時(開場5時)
会場 オリンパスホール八王子
住所 東京都八王子市子安町4-7-1
料金入場無料
URLhttps://www.furachinarhythm.com/
トップに戻る