【所沢】ゼーホフの新人肉職人が国際コンテストで金賞!12月から販売開始

ゼーホフ工房の新人職人、渋谷涼太さんが「IFFA2019食肉加工品国際コンテスト」に初挑戦し、金賞4つ、銀賞1つ、出品した製品全てが受賞を果たしました。全5商品は12月から販売開始。


ゼーホフ工房の新人職人、渋谷涼太さんが「IFFA2019食肉加工品国際コンテスト」に初挑戦し、金賞4つ、銀賞1つ、出品した製品全てが受賞を果たしました。

受賞商品を紹介する松澤工場長(左)と渋谷さん


同コンテストは「ハムソーセージのオリンピック」と呼ばれている権威ある大会。

今年は検疫の関係で食肉の持ち出しができないため、ドイツから審査員が来日して行われました。


実は渋谷さんは元美容師。肉職人に憧れ、4年前に同店に弟子入り。

世界大会で多くの受賞歴を持つ松澤工場長がゼロから指導した結果、蓄積された店の技術に新人のアイデアが生きた自信作が完成。

「まずは地元のお客さんに喜んでほしい。今度は写真映えする製品を作ってみたい」と話し、美的感性豊かな新人職人に期待が高まります。

受賞の「ジャーマンポテトの白ソーセージ」「サラダソーセージ」各100g 319円など、全5商品は12月から販売開始。

ゼーホフ工房
住所/埼玉県所沢市けやき台1の8の5
電話/04-2921-5511

関連記事

【日本一の食パン決定戦】ベーカリー・ジャパンカップで優勝!狭山市の「サンセリテ/ベーカリータカダ」

埼玉県狭山市 グルメニュース
公開日:2019/12/10
14,176 view
【PR】質と価格が違います。塗装工事はアドバンスペイント
トップに戻る