【11月1日は犬の日】かわいい看板犬が出迎えてくれるお店2選<坂戸・鶴ヶ島>

11月1日は(わんわんわん)で犬の日。来店すると出迎えてくれる看板犬。かわいい仕草にまた会いに行きたくなるお店を紹介。

11月1日は(わんわんわん)で犬の日。

来店すると出迎えてくれる看板犬。

かわいい仕草にまた会いに行きたくなります。

鶴ヶ島|ギャラリー&アトリエSiesta
-レッスン休憩時間を合図するワンちゃん


ギャラリー&アトリエSiesta(シエスタ)は、2014年に西大家駅から徒歩2分の場所にオープンした着物リメイク・洋裁教室。

そこに生徒さんから可愛がられている看板犬がいます。名前はペコ(7歳)。

キャリーバッグの中から「早くお出かけしようよ」byペコ


ミニチュアダックス(ブラックタン)の女の子で、甘えん坊で少し怖がり。

「誰かが来ると吠えるので、2階にいても訪問客に気が付きますね。頼りになる番犬です」と話す講師の結着乃さん。

レッスン中は、いたずらをすることなく、静かに待っています。


レッスンが午前10時から始まり、誰もが夢中で、あっという間に時間が過ぎていきます。

そんな時、「そろそろ、きりの良い所で、みんな休憩しようよ」と言わんばかりにワンワンと合図をしてくれるそう。

今年の春に、バイクでツーリングデビューしたペコちゃん。

今では、ピンク色のリュック型のキャリーバッグを見ると嬉しそうに中に入り、ひょっこり顔を出してツーリングを楽しんでいます。

ギャラリー&アトリエSiesta(シエスタ)
住所/埼玉県鶴ケ島市上新田206
電話/049-270-3065

坂戸|ギャラリーれ・ぼぬう
-数字とハンカチ好き!18歳のシニア犬


ギャラリーれ・ぼぬうは、28年間続くカフェギャラリー。

店の奥にいるトイプードルの看板犬ルイ君(18歳8カ月)は、のんびり昼寝をすることが多くなりました。

恒川さんに抱かれて気持ちよさそう


「知り合いの作家さんから生後40日ぐらいで譲り受けたときは、ポケットに入るくらい小さかったわ。

若い頃のルイは、真面目な宣伝部長だったけれど、今はおじいちゃんになって定年退職ね」と笑顔で話す店主の恒川さん。

「僕、ハンカチが大好きなんだ」byルイ


1〜5の数字をよく理解していて、例えば「3つ、3(スリー)、3(サン)」とどのような言い方をしても、その数の分まで“ワン・ワン・ワン”と披露することで“人気者”だったそう。

現在は、温野菜やささみ肉、ノニジュース、柔らかくしたドッグフード、ドッグミルクなどをブレンダーにかけて滑らかにした食事をゆっくり食べて、食後に大好きなサツマイモを食べて過ごしています。

長年、来店客に愛されています。

ギャラリーれ・ぼぬう
住所/埼玉県坂戸市泉町5の8
電話/049-281-3285

関連記事

【相模原】ペットと立ち寄れる街のベーカリー〈ベーカリーコグマ相模原店〉

相模原市神奈川県 グルメ
公開日:2019/10/31
782 view

【坂戸】10月22日~11月2日「アルパカ展」inギャラリーれ・ぼぬう

坂戸市埼玉県 イベントニュース
公開日:2019/10/31
724 view

【坂戸・滑川】親子で楽しめるハロウィンイベント3選

坂戸市埼玉県 イベントニュース
公開日:2019/10/31
560 view
トップに戻る