【ハンドメイド】自然素材で作るハロウィーンオーナメント2選

もぅすぐハロウィン。自然素材のハロウィンオーナメント作ってみませんか?

10月31日はハロウィーン。

さまざまな場所でカボチャのお化けの飾りつけを目にします。

イベントをより楽しむために、自然素材でオーナメントを手作りしませんか?

ハロウィンツリー(左)と スワッグ風のオーナメント(右)

ハロウィーンツリー


まずはハロウィーンツリー。

木の枝を数本束ね、闇に浮かぶ枯れ木をイメージして形作り。

ドライにしたホオズキに顔を描き、カボチャのランタンに見立てて飾ります。

ホウキは毛糸の束に枝を差し込んだもの。

文字を書いた葉は、落ち葉です。 

スワッグ風のオーナメント


もう1点は花や植物を束ねた壁飾り、スワッグ風のオーナメント。

枯れ枝を下が広がるように形作ってひもでしっかり固定。

そこに、ホオズキで作ったカボチャのお化けと花をアレンジしました。

紫色は、庭に咲いたアメジストセージをドライフラワーにしたもの。

花穂が細長いので合わせやすく、ドライにしても色がきれいに残るのでお薦めです。

空気が乾く秋は、ドライフラワー作りに適しています。

好みの花や実、リボン等でアレンジしてみては。 

ドライのホオズキは販売していますが、夏に苗を購入し、自分で育てたものを使うとより愛着がわくかもしれません。

協力:はたのきょうこ

関連記事

【川越・坂戸】ハロウィンを思いっきり楽しもう! 地域のイベントやお家パーティーアイテムを紹介

坂戸市埼玉県川越市 イベントグルメ
公開日:2019/10/14
1,074 view
トップに戻る