【町田・相模原】やりがいや生きがいを見つけた女性インタビュー

家事に仕事に子育てに、日々忙しい女性達。誰もが皆輝いています。中でも「あの人はどうして、すてきなんだろう」「あんなに頑張れるんだろう」。そんな人にクローズアップして話を聞いてみました。

家事に仕事に子育てに、日々忙しい女性達。誰もが皆輝いています。

中でも「あの人はどうして、すてきなんだろう」「あんなに頑張れるんだろう」。

そんな人にクローズアップして話を聞いてみました。

スワンカフェ&ベーカリー町田2号店
代表 天野広美さん

娘が導いてくれた自分の道


町田市のスワンカフェ&ベーカリー町田2号店の代表を務め7年。

障がい者の就労継続支援事業所としても機能する同店で、約30人のスタッフを束ね、パン作り、外交販売等を早朝から精力的にこなし、1年のうち362日、店を稼働します。 

店内でパンを並べる天野さん


肢体麻痺で飲み込みもままならず、5歳まで生きられないといわれながらも前向きに育てた末娘が「小学生になって歩き始め、今ではここで働いています」。

そんな自分の経験や親の抱える悩みを誰よりも理解し、障がい者の自立を考えた“本当の意味での支援”に尽力して17年。

「できることが増え、喜ぶ顔を見るのが何よりうれしい」。

スタッフ一人一人に熱心に指導


町田市中町にある1号店も含め、2店の代表である夫と二人三脚で、今後もパン作りを通して障がい者を応援していきます。

スワンカフェ&ベーカリー町田2号店
住所/町田市木曽西2の17の21、 ショッピングセンター305内
電話/042-794-9301

松山バレエ学校町田・相模大野校
斎藤弘子さん・星さん

バレエの世界で輝く母と娘


松山バレエ団出身者らによる充実した教師陣が、3歳からプロ志望者まで幅広く指導する、松山バレエ学校町田・相模大野校。

松山バレエ学校町田・相模大野校での母親の斎藤弘子さん(写真右)と娘の星さん


松山バレエ団に入って55 年、長年指導を続けてきた斎藤弘子さんは、子供の頃に同団の公演を見てバレエに憧れ、高校卒業後に同校に通い始めました。

「きれい、素敵という気持ちを大切にして」と子供達へメッセージ。

「教え子が成長し、その子供達が通うようになり少しずつ地域に根差してきたのでは」とも。 

バレエ好きな子供達と一緒になって楽しくレッスンをする星さん


母親の背中を見ながら自然とバレエに親しんできた弘子さんの娘、星さんも教師陣の1人。

小学5年生になる息子もバレエを続けています。

自らの経験を振り返り「好きで続ける子供達に寄り添い、応援したい」と話します。

「教室の皆と一つになって作品を作り上げたい」と親子で舞台に立つ夢も膨らみます。

松山バレエ団
住所/神奈川県相模原市南区相模大野7の16の17
電話/03-3401-2548

関連記事

コーチもメンバーも全員女性!女性が輝く体操教室―カーブス八王子高倉店

八王子市東京都 ニュース美容・健康
公開日:2019/10/11
283 view
トップに戻る