【ピンクリボン運動応援】健康管理の一環として年1回乳がん検診を

10月はピンクリボン月間。健康管理の一環として年1回乳がん検診を受けましょう。女性医師の児玉ひとみさんにお話しを伺いました。


近年、日本人女性に増えている乳がんですが、早期発見により適切な治療を進めることができます。

そこで重要な役割を果たす乳がん検診について、埼玉県狭山市の埼玉石心会病院・児玉ひとみ副院長に伺いました。

児玉ひとみ副院長

早期発見に有効な「マンモグラフィー検査」


―検診の現状と有効性について教えてください。 


自治体で行っている検診は、日本人の乳がんの死亡率の減少を目的に実施しています。

現在、その効果が明らかになっている検査法としては、マンモグラフィーが唯一となっています。

超音波の有効性も検討されていますが、まだ結論が出ていない状況です。

大勢の方から乳がんを見つけ出す検診では、マンモグラフィーが一番良いといわれています。

―マンモグラフィーと超音波検査(エコー)の違いは 


マンモグラフィーは2枚の板で胸を挟んで放射線を当てて、写真におとしてその写真を読むという方法です。

そのため、1枚の写真に検査結果が残ります。

一方、超音波検査は検査する人によって見つかる、見つからないの可能性が出る場合があります。

証拠があるとわかれば写真に残しますが、なければ写真に残さないため、少し客観性にかける検査ではあります。

―それぞれ特性があるんですね 


どちらの検査も大きながんがあれば見つけることができます。

ただ、大勢の方が対象となる検診で超音波検査をして、死亡率を減少させることに効果があるかどうかは、わかっていません。

検査にも時間がかかり、良性病変を拾うこともあるため所見はあるが、がんはないという方の不要な精密検査が増えてしまう面もあり、うまく折り合いをつけられるかどうか学会などで議論されています。

「要精密検査」でも怖がらずに受診を


―検診の頻度は 


住んでいる市町村によって検診の案内がくる頻度に違いはあると思いますが、ご自身で受診される場合は40歳以上の方は1年に1回の検診を受けてください。

―検診後に「要精密検査」の結果が出た時は


確かに心配になりますよね。

「要精密検査」でも良性の場合があります。

できるだけ悪いものだけをピックアップしたいと頑張ってはいるのですが、検査の限界もあり難しいのが現状です。

精密検査と言われた人の全てががんではないので、乳腺専門の医師がいる機関を早めに受診してください。

―乳がんの診断方法は


検査でがんの疑いがある場合は針生検をします。

針の先で一部の組織を切り取り顕微鏡で確認し、診断する手順になります。

乳がんと診断されたら治療になりますが、がんの病変が小さく早期発見できれば、適切な治療が進められます。

―自己検診の必要性は 


普段の自分の状態を知っておくことは大事です。

例えば乳頭がへこんでいる、皮膚にひきつれがあるなど、普段と違う症状が兆候の場合もあります。

ほかにも、乳頭から血液の分泌物が出る場合も心配な症状です。

ご自身でしこりを急に見つけて来院する方の中には、検診を一度も受けていない方や3年、5年など間隔があいている方がいらっしゃいます。

―検診は大切ですね


とにかく怖がらず、自分の健康管理の一環として、年1回予定に組み込んでいただければと思います。

児玉ひとみ医師
埼玉石心会病院
副院長(教育)/診療科長/乳腺・ 内分泌外科部長
日本乳癌学会認定乳腺専門医
内分泌甲状腺外科専門医
関連施設 「さやま総合クリニック」
住所/埼玉県狭山市入間川4の15の25 4階健診センター
電話/04-2900-2223
女性検診専用「さくらホール」を併設
全て女性の医師、スタッフが対応

関連記事

【多摩】10月13日・11月3日がんママを応援するイベント―プラネタリウム「LIFE」特別上映会in多摩センター

東京都 イベントニュース子育て・教育
公開日:2019/10/11
314 view
トップに戻る