【所沢】10月13日「ところざわまつり2019」の見どころ紹介!伝統の山車や重松流祭ばやしにざわ神輿

埼玉県所沢市で毎年10月に開催されている「ところざわまつり」。今年も伝統の山車の曳き廻し(ひきまわし)と重松流祭ばやし、威勢のいい神輿(みこし)の練り歩きや華やかなパレードなどが、所沢駅西口から金山町交差点付近一帯で行われます。


古くは所澤神明社の秋の祭礼(9月15日)に各町で山車を曳いて行われ、1988年からは商工祭りとして毎年10月に開催されている「ところざわまつり」。

今年も伝統の山車の曳き廻し(ひきまわし)と重松流祭ばやし、威勢のいい神輿(みこし)の練り歩きや華やかなパレードなどが、所沢駅西口から金山町交差点付近一帯で行われます。

ところざわまつり名物の「ざわ神輿」と山車3基の曳っかわせ

ところざわまつりの粋な華「ざわ神輿」


「ほいさ」「さぁ」「えいさ」「さぁ」。

女性たちの勇ましい掛け声が響く神輿のまわりは、いつも人だかり。女神輿結成から今年で28年。

今や約20万人の人出を動員するところざわまつりの成長に一役買ってきました。

「女性も主役」に


明治初期から「山車祭り」として受け継がれてきた「ところざわまつり」は“男衆中心の祭”というイメージが定着していました。

そのまつりを一層盛んにするために、所沢日栄会協同組合(以下、※日栄会)では、逆転の発想で「女性や子どもが主役」という切り口から、祭の活性化を図ろうと神輿まつりを企画。

1991年に一般公募で「女性神輿(みこし)」と「子どもみこし」を誕生させ、その翌年「ざわ神輿連『彩女會(あやめかい)』」が日栄会の外郭団体として発足しました。

また日栄会会員から寄附金を募り、商店街の活性化・商売繁盛を祈願して神輿を購入。

女性だけの神輿は話題を呼び、山車と女性神輿の「曳(ひ)っかわせ」の競演シーンが“珍しい”とマスメディアで、いつも注目を集めています。

山車の曳っかわせの様子

彩女會の祭り

外交「ざわ神輿連」は、お祭り好きの女性で組織する「彩女會」を中心に、女子中高生で構成する「若鮎會(わかゆかい)」と日栄会の商店・事業所で働く女性で構成する「日栄會」の3グループあります。

「彩女會」の纏(まとい)演舞、纏は重いので女性専用に10㎏以下に特別制作


年間を通じて活動している「彩女會」には現在約50人が所属し、神輿交流のために、東京の「三社祭」「深川祭」「神田祭」など祭りにも参加。

担ぎ方、声の出し方、衣装の着こなし方などの研究に余念がありません。

写真映えするざわ神輿


今年の「ところざわまつり」は10月13日に開催。

神輿は本来、神社から出発しますが「ざわ神輿」は商店組合が商売繁盛を願い誕生したことから、商店街から出発します。


主な予定は次の通り。

◇正午=旧イオン前で所澤神明社神主によるお祓い
◇午後1時=旧イオン前で彩女太鼓演舞後、ざわ神輿と日東山車との競演=プロぺ通りへ
◇午後2時10分=所沢駅前でざわ神輿と3基の山車(日東・旭町・御幸町)との曳っかわせ
◇午後7時=グラシスタワーで彩女太鼓の演舞後、神輿出発
◇午後8時=旧イオン前で日東山車とフィナーレ。

令和元年は環境にやさしいクリーンな「ところざわまつり」へ


初の取り組み

世界中でプラスチックごみ問題が深刻化していることから、所沢市は「マチごと、プラスチックごみ削減」を宣言。

実行委員会では「ところざわまつり」初の試みとして、「プラごみ削減」に取り組みます。

「プラごみ削減」は、屋台の飲食の容器やストローなど、紙製のものを使用するよう出店者に要請し、レジ袋の使用も控えられます。

実行委員会では「マイバック」持参で来場を呼びかけています。

また、毎年設置しているごみ回収の「環境ブース」では、「分別」を強化。「環境ブース」は、青いノボリが目印で、金山町交差点からファルマン通り交差点の間に10カ所設置。

来場者がスムーズにごみ分別できるよう、スタッフが説明してくれます。

おすすめスポット


◇山車10基の曳き廻し午前11時から曳き廻し。山車と山車が向かい合い、祭ばやしや舞の競演「曳っかわせ」は見もの。午後7時半からは「元町コミュニティ広場」と「旧イオン前」に分かれて集結し、盛り上がりは最高潮に。

◇重松流祭ばやし午前11時〜午後7時10分、「グラシスタワー前」で新井町・荒幡囃子連の演舞が披露されます。

◇銀座サンバカーニバル午後2時〜3時20分、「埼玉りそな銀行前」から「元町交差点」まで華やかな衣装のダンサーたちが陽気に踊ります。「トコろん」のダンスも乞うご期待。

◇小さな子どもも楽しい「ファルマン通り」は、ヨーヨー釣りやくじ引きなどのゲーム、抹茶ラテ、お茶のケーキ、タピオカドリンクなど、子どもも楽しめるブースが出店。「金山町通り」はケータリングカーがたくさん。フリーマーケット、似顔絵、バルーンアートなどの出店で毎年ファミリーに人気。

◇座って飲食をどうぞ「日野屋酒店」(銀座中央広場の脇道を南方面に徒歩1分)の店舗前でセルフサービスで飲料の販売が行われます。普段は夜営業が主な「盃横丁」も店頭で飲食の販売をするほか、昼から営業する店もあり、店内で座って食事ができます。

◇ライブサーカス「所沢駅西口」ロータリーにステージカーが登場し、午後3時から人気アーティストがライブを行います。午後7時10分〜40分、懐かしのJポップやクイーンなどのカバー曲で人気の「ピエタ・グランデ」がまつりライブの“トリ”を飾ります。

イベント情報

イベント名ところざわまつり
開催日 2019/10/13(日)
時間 午前10時半〜午後9時
会場 所沢駅西口~金山町交差点付近

関連イベント

【さいたま】10月13日「大正時代まつり2019」大正時代にタイムスリップ

さいたま市埼玉県 イベント
公開日:2019/10/03
1,193 view

【大宮】今年も熱い!10月14日にアニメ・マンガまつり「アニ玉祭2019」開催

さいたま市埼玉県 イベント
公開日:2019/10/03
2,157 view
トップに戻る