Bリーグ開幕!埼玉県民パワーで盛り上げよう-埼玉ブロンコス-

日本のプロバスケットボール「Bリーグ」がいよいよ開幕。所沢市を拠点に、埼玉県全域をホームタウンとするプロバスケットボールチーム「埼玉ブロンコス」を紹介します。


米プロバスケットボールNBA選手の八村塁選手が話題になっている今、日本でもバスケットボール人気が高まってきました。

日本のプロバスケットボール「Bリーグ」もいよいよ開幕。

所沢市を拠点に、埼玉県全域をホームタウンとするプロバスケットボールチーム「埼玉ブロンコス」を紹介します。

中央がリー・タオ・デイナ新ヘッドコーチ、 選手は左から(敬称省略)、大野(14)、横尾(55)、田中(31)、池田(45)、生野(2)、清水(10)、吉川(32)、山口(11)、師玉(21)、宇野(1)

Bリーグとは


日本のプロバスケットボールリーグは「Bリーグ」と呼び、1部のB1と2部のB2にはそれぞれ18チーム、B3には12チームが所属。

B3の1位のチームがB2の最下位との「入れ替え戦」の試合に勝つと、B2に昇格できます。

B2昇格を目指して


「埼玉ブロンコス」は埼玉県全域をホームタウンに、所沢市民体育館を拠点とするB3リーグに所属するチームです。

いよいよ来週9月28日から今シーズン開幕。

B2昇格を目指し、先月22日にアメリカ人の新ヘッドコーチ、リー・タオ・デイナさんを迎えました。


デイナさんは、NBAのアシスタントコーチ経験後、タイ、ベトナム、メキシコのプロリーグのヘッドコーチを歴任。

「日本が好きで、何度も日本を訪れました。日本で英語教師や仏道修行もしたこともあります。所沢は自然と都会が融合した住みやすい街ですね」と日本好きをPR。

チームについては「物覚えが早く、賢いメンバーがそろっている。観客がエキサイトする速い展開のプレーで楽しませます」と話しています。

本紙が選んだ注目選手(山口力也選手/吉川治耀選手)


本紙が注目したのは、青森県出身の山口力也選手

今シーズンからチームに仲間入り。

山口力也(やまぐち りきや)選手


「小学生のころから憧れの選手がいてプロプレイヤーを目指していたので、今度は自分が子どもたちに憧れられるような選手になりたい」と意気込みを話します。


また、女性ファンが多い吉川治耀選手

吉川治耀(よしかわ じょう)選手

スピード、ディフェンス、ドライブの3つの“キレる”プレーが魅力。

趣味は映画鑑賞とマジック。

好きな料理は、祖母が作るオムライスだそうです。

応援しに行こう!


今シーズンは9月28日の鴻巣市での試合を皮切りに、来年5月3日まで60試合行われます。

10月に所沢市民体育館で行われるのは26日と27日で、「金沢武士団」と対戦予定。

チケットの購入方法や試合スケジュールは「埼玉ブロンコス」公式HPで。

またファンクラブ会員も募集中。詳細は同事務局へ。

関連記事

【所沢】地域共生社会を目指せ! 「ユニバーサルスポーツ」が熱い!

埼玉県所沢市 ニュース
公開日:2019/09/21
1,046 view

埼玉県を拠点とする「T.T彩たま」が参戦!

埼玉県 イベント
公開日:2019/09/21
1,094 view

羽ばたけ!東京シルキーエアーズ ―八王子生まれの女子バスケットチーム

八王子市東京都 ニュース
公開日:2019/09/21
3,049 view
トップに戻る